« [No.919-2]あなたを好きだから | トップページ | [No.920-2]あの日のように »

[No.920-1]あの日のように

No.920-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
永遠の別れでもないのに泣いてしまう・・・。
小さい頃はそんな泣き虫少年だった。

「そんな感じには見えないけどね」

夏休みになると、父を残して家族で祖母の家を訪れていた。

「父は後で来るんだよね」

当時は一緒に来れないことを不思議に思っていた。
でも、今はその理由は明確だ。

「だいたい、そうよね?」
「私のうちもそうだった」

場合によっては、お盆休みが取れない時だってある。

「それで、父が見送りに来てくれるんだけど」

なぜか、その時に号泣する僕がいる。

「別れるのがつらいから?」

記憶が曖昧だが、それしかないだろう。
他に何があるのか・・・自分に聞いてみたいほどだ。

「数日後には会えるのにさぁ」

駅のホームで、“ぐずっていた”ことは鮮明に覚えている。

(No.920-2へ続く)

|

« [No.919-2]あなたを好きだから | トップページ | [No.920-2]あの日のように »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.919-2]あなたを好きだから | トップページ | [No.920-2]あの日のように »