« [No.916-1]中二から | トップページ | ホタル通信 No.398 »

[No.916-2]中二から

No.916-2

「中二なったら、クラス替えがあっただろ?」

それからの彼女に何があったか知らない。
いや・・・そこから目を背けていた。

「違うクラスになってホッとした?」
「・・・正直に言えば・・・そうかもしれない」

クラスが違えども、様子を見に行くことはできる。
高校になってからは駅で何度か彼女を見掛けたこともあった。

「・・・声、掛けてくれればいいのに?」
「ごめん・・・後ろめたくて・・・」

高校生にもなると、さすがに僕らの関係を知る者はいない。
だから、彼女が標的になることもなかったはずなのに。

「ほんと・・・変わらないね!」
「やさしいというか、気が弱いというか・・・」

事実を知ることが怖くて、彼女から逃げていた。

「でも、今頃どうして?」
「うん・・・実は・・・」

就職のため、住み慣れた地を離れることになった。

「そうなんだ・・・」
「だから、最後に謝っておこうと思って」

意を決して、彼女の家を訪ねた。

「・・・スッキリした?」
「ごめん・・・一方的に・・・」

やはり、蒸し返してしまったことに変わりない。

「そう思うなら、もう一度やり直す?」
「中二から」
S916
(No.916完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.916-1]中二から | トップページ | ホタル通信 No.398 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.916-1]中二から | トップページ | ホタル通信 No.398 »