« [No.918-1]飛び出し注意! | トップページ | ホタル通信 No.399 »

[No.918-2]飛び出し注意!

No.918-2

「スッキリしないけど、とにかく急ぎましょ!」

いつもギリギリで学校に到着する。
だからこそ、私の行動が気になるのかもしれない。

「そうだね!」

確かに無意識の内に、スピードが落ちている。
もしかして、このわき道は・・・

「微妙に坂になってるのかな?」
「それとも、なにか因縁がある・・・」

昔、ホラー漫画で似たようなシーンを見た記憶がある。
墓場の前を通ると、ものすごく重い老婆が背後にとり憑く。

「ちょ、ちょっと朝から脅かさないでよ!」
「もしかしたらその老婆が・・・」

自分で言っておきながら、背筋が寒くなった。
その展開では、私に“憑く”ことになるからだ。

「冗談よ、冗談!」
「そんなことあるわけないじゃん!」

・・・その時だった。

「キャァァーアッーーーー!」

友人の叫び声だった。
・・・と同時に、急ブレーキで自転車を止めた。
 
「ほら、もうすぐよ!」

あの日以来、私たちはわき道をゆっくり走ることにした。
モヤモヤしていた理由がハッキリしたからだ。
S918
(No.918完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.918-1]飛び出し注意! | トップページ | ホタル通信 No.399 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.918-1]飛び出し注意! | トップページ | ホタル通信 No.399 »