« [No.920-1]あの日のように | トップページ | ホタル通信 No.400 »

[No.920-2]あの日のように

No.920-2

中学に入ってからは、そんな傾向はなくなった。

「反抗期?」
「・・・だな」

逆に見送りに来ない方が良かったくらいだ。
顔を合わせるだけでも、意味もなくイライラしていた。

「でもさぁ、不思議なもので・・・」

就職を気に地元を離れることになった。
そんな時、昔の自分が蘇ってきた。

「6年分の失われた時間が・・・」
「・・・一気に押し寄せてきた感じだったな」

そして、旅立ちの日を迎えた。

「しばらく過ごす寮の近くまで来てくれて」

そして駅のホームで別れた。

「・・・あの日のように?」
「あぁ・・そうだな」

唯一、違うのは“ぐずってはいなかった”ことだ。
でも・・・最後に“ぐずって”みたかった。
S920
(No.920完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.920-1]あの日のように | トップページ | ホタル通信 No.400 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.920-1]あの日のように | トップページ | ホタル通信 No.400 »