« [No.915-2]君の名は | トップページ | [No.916-2]中二から »

[No.916-1]中二から

No.916-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なぁ、覚えてる?」
「・・・何を?」

もし、忘れているのだとしたら蒸し返すことになる。
できれば忘れていて欲しい。

「ほら・・・なんていうか、中一の時・・・」
「・・・なんだ、そのこと?」

やや拍子抜けするような返事が返ってきた。

「もちろん!忘れるわけはないわ」
「・・・だよな」

彼女とは小学生から仲が良かった。
それは中学生になっても続いた。

「気にしてるの?」
「そりゃ、そうだろ!」

やや強めの口調で返した。

「あれから何年経ってると思ってるのよ?」
「君だって、忘れてなかっただろ?」

中学に入ると、急に異性を意識し始める。
ただ、それは男子よりも女子の方が先だ。

「まぁ、そう言われたらそうだけど」

僕たちの仲の良さは、一部の女子から反感を買った。
ただ、その矛先は全て彼女に向けられた。

「ずっと気になってて・・・」

露骨なイジメこそ無かったが、彼女は孤立した。

「へぇ~そうなんだ?」

興味がなさそうな返事がかえって、胸が苦しくなる。

(No.916-2へ続く)

|

« [No.915-2]君の名は | トップページ | [No.916-2]中二から »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.915-2]君の名は | トップページ | [No.916-2]中二から »