« [No.916-2]中二から | トップページ | [No.917-1]新しい生活 »

ホタル通信 No.398

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.456 ちらし配り
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

今まで何度も思ったことですが、小説ネタに苦労しているというか
着眼点が独創的というか・・・。

実話度は高めで、後半を除けば概ね書いてあることは事実です。
小説のきっかけがチラシであることは間違いないのですが、それ
よりも、それを配っていた人の印象の方が強く残りました。
確かにチラシはウザイのですが、配っている人に罪はなく、逆に
キチンと仕事をしているからこそ郵便受けがチラシで溢れ返って
しまいます。
今でも、配っている最中に出くわすことが時々あり、微妙な空気の
中、チラシや郵便物を回収しています。

冒頭に書いたように、こんなことまで小説にするとは、我ながら笑
ってしまうほどです。
冬のホタルはこのような、“エピソードにも満たない小さな事実”を
見つけて小説“風”に仕上げています。質はさておき、独創的な着
眼点なら、他の方々にも負けていないとは思います。

ラスト付近はほぼ創作です。
ありがちですが、数年後に結婚したという設定です。あれほどウザ
かったチラシが役に立った・・・ということでしょうね。
T398
web拍手 by FC2

|

« [No.916-2]中二から | トップページ | [No.917-1]新しい生活 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.916-2]中二から | トップページ | [No.917-1]新しい生活 »