« [No.920-2]あの日のように | トップページ | [No.921-1]セミと私 »

ホタル通信 No.400

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.496 EACH TIME
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

冬のホタルは超短編を売りにしていますが、その中でも特に短い
小説ですね。ホタル通信を書くにあたり、読み返して気付きました。

実話度は低めですが、その昔、小説のようにレコードを借りたこと
がありました。仮に、レコードの発売時期に対して、リアルタイムで
これが行われていたら・・・作者の年齢がバレてしまいそうですが
そのあたりの解釈は読者にお任せします。

さて、EACH TIMEというアルバム、リンクは付けませんが、良けれ
ば検索してみて下さい。小説の内容がより身近に感じられます。
楽曲の雰囲気は、山下達郎さんのような感じですが、唯一無二の
存在感が半端ありません。
男性に透明感という言葉は似合わないかもしれませんが、独特の
声質も手伝ってそう感じています。

後半は時が流れ、ダビングしたカセットテープを見つけるところから
始まります。
再生する装置がない・・・となると、時代は一気に“現在”に飛んでい
ることになりますね。再生措置を求めて実家にラジカセがないかを
確認したら・・・あるものが見つかって、無事オチを迎えます。
何が見つかったか分かりますか?答えは“EACH TIME”のレコード
に他なりません。つまり、返していなかったわけです。
ただ、自分の名誉のために言っておけば、この部分は創作であり、
キチンとお返ししていますので。


web拍手 by FC2

|

« [No.920-2]あの日のように | トップページ | [No.921-1]セミと私 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.920-2]あの日のように | トップページ | [No.921-1]セミと私 »