« [No.918-2]飛び出し注意! | トップページ | [No.919-1]あなたを好きだから »

ホタル通信 No.399

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.421 名誉の傷
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

実は肝心な部分を脚色しています。筆箱を投げつけられたのでは
なく、実際はもっと痛い思いをしました。

この話は彼の話ですので、ややこしいですが、あたかも私がそれを
体験したかのような口調で進めて行きますね。
まず、全体的な流れはほぼ事実です。ただ、前述したように、筆箱
を投げつけられたのではなく、鉛筆を頭に刺されました(笑)
鉛筆が短かったので、キャップを取り付けて握りやすくしていた・・・
そんな状態の鉛筆でした。銀色の金属製のキャップがキラリと光っ
ていたことを今でも覚えています。
ただ、刺されたと言っても、突き刺さったわけではなく、刺したと同時
に芯が折れ、大した傷にはなりませんでした。

小説の通り、自分よりも相手の女子がビックリして・・・今でも申し訳
ないと思っています。もちろん悪気はなく、反射的に手が出てしまっ
たのでしょう。何よりも原因を作ったのは私なのだから。
ラスト付近で、その女子が転校したことになっていますが、この部分
は少し記憶が曖昧です。
転校したような記憶があるのですが、ハッキリとは覚えていません。
ただ、展開とラストのオチを考えた時、転校してもらった方がしっくり
くるので、そうしてもらいました。

この記事をその人が見る可能性はほぼゼロでしょうが、あらためて
「ごめんなさい」と言わせて下さい。
T399 
web拍手 by FC2

|

« [No.918-2]飛び出し注意! | トップページ | [No.919-1]あなたを好きだから »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.918-2]飛び出し注意! | トップページ | [No.919-1]あなたを好きだから »