« [No.909-1]ずるいカラス | トップページ | [No.910-1]声援 »

[No.909-2]ずるいカラス

No.909-2

「待ってん!」

追い払おうとした僕を制止する。

「何にもせえへんよ」
「・・・なんで分かるんだよ?」

でも、確かに荒々しい雰囲気は感じられない。

「なんか、うちとおんなじ匂いがするわ」
「なんだよ!?同じ匂いって・・・」

それには答えず、じっとカラスを見つめ返していた。

「・・・独り言や」
「いや、十分聞こえてるでしょ!?」

そうこう話しているうちに、カラスが飛び去って行った。

「何だか、変わったカラスだったよな」
「・・・だから、うちとおなじやねん」

もう、これ以上は突っ込むことはしなかった。
ようやく言葉の意味が分かりかけてきたからだ。

「良くも悪くも、ズル賢く生きたらええねん!」

急に結論めいたことを話し出した。
同じ匂いとは、このことだったのだろうか・・・。
だとしても、彼女への想いはこれからも変わらない。
S909
(No.909完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.909-1]ずるいカラス | トップページ | [No.910-1]声援 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.909-1]ずるいカラス | トップページ | [No.910-1]声援 »