« [No.910-2]声援 | トップページ | [No.911-1]素直な気持ち »

ホタル通信 No.395

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.419 フリージアの雨
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

話のきっかけは何だったのでしょうか・・・思い出せません。ただ
シチュエーションは違えども、びしょ濡れになった経験が、ヒント
になっていると思います。

ドラマで見掛ける雨に打たれるシーン・・・結構、インパクトがあり
ます。見た目の悲壮感からくる感情移入も相当あるでしょう。
それを小説上の私が実演したような格好になりました。ただ実話
度の通り、ほぼ創作です。
以前に、失恋とかそのようなものとは無関係で、急な雨に打たれた
ことがありました。かなり降っていたにも関わらず、何の根拠も
なく、雨の中を走って帰路についた経験があります。

その時、想像以上にびしょ濡れになり、みっともない姿をさらす
はめになりました。
突然の雨とは言え、雨宿りするとか、今の時代、コンビニだって
あります。なぜ、それらを選択しなかったのか・・・当時は当時で
色々あったのかもしれませんね、他人事のようですが。

全体的に雰囲気は伝わるものの、読み難い文章ですね。それと
タイトルは荻野目洋子さんのアルバム曲からいただきました。
T395
web拍手 by FC2

|

« [No.910-2]声援 | トップページ | [No.911-1]素直な気持ち »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.910-2]声援 | トップページ | [No.911-1]素直な気持ち »