« [No.912-2]散策の悲劇 | トップページ | [No.913-1]胸に聞いてみた »

ホタル通信 No.396

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.436 彼女が残したもの
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

心の声・・・つまり内面的な部分については実話です。とある人
との別れから4年が経過していました。

別れとは言っても付き合っていたわけではありません。知り合
いと言った表現が適切かもしれません。ある側面では深く、違う
側面では浅い・・・冬のホタルではお馴染みの“あの人”です。
小説では、アレコレと想い出を語るのではなく、“そんなことがあ
った”程度に表面化させています。
話の主軸はそこにあるのですが、そこに花粉症を被せて物語を
展開させています。

作者自身は、クヨクヨするタイプなのですが、小説までそうさせ
たいとは思っていません。そのため、その裏返し的なものとして
花粉症を持ち出し、ユーモアがある展開にしてみました。
小説では彼女が、僕の心の声に気付いているような感じで話を
進めています。でも、あえてそこには触れずに、花粉症のままで
ラストを迎えます。

記憶は定かではないですが、ラストは考えた上で出てきたもの
ではなく、登場人物たちが自ら作り上げた結末です。
これは冬のホタル独特の手法で「この流れで彼ならどうするか」
という登場人物目線で、彼らに結末を委ねています。
T396
web拍手 by FC2

|

« [No.912-2]散策の悲劇 | トップページ | [No.913-1]胸に聞いてみた »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.912-2]散策の悲劇 | トップページ | [No.913-1]胸に聞いてみた »