« ホタル通信 No.394 | トップページ | [No.909-2]ずるいカラス »

[No.909-1]ずるいカラス

No.909-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「君を見てるよね?」
「うち?」

一匹のカラスがこちらを見ている。
何となく、彼女の方を見ている気がしてならない。

「ほら、体の向きだって」

若干ではあるが、彼女の方に体が向いている。

「せやね、そう言われたら・・・」

彼女が何かを食べているわけでもない。
だから、凝視される筋合いもない。

「何か・・・目立つものでも付けてる?」
「・・・アクセサリーとか」

そう言いながら、それがないことは知っている。
今日だけではなく、普段もアクセサリーとは無縁だからだ。

「いいや、つけてへんで」
「・・・だよな」

そうこうしている内に、若干、距離を縮めてきた。

「おいおい・・・」

時より巷では、カラスの凶暴な振る舞いが問題になる。
早めに追い払った方が良いかもしれない。

(No.909-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.394 | トップページ | [No.909-2]ずるいカラス »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.394 | トップページ | [No.909-2]ずるいカラス »