« [No.905-2]ぼっこ | トップページ | [No.906-2]春の衝撃 »

[No.906-1]春の衝撃

No.906-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(ちょっと、からかってみるか・・・)

「いてて・・・」
「どうしたの?!頭をおさえて・・・」

エイプリルフールにちなんで、軽い嘘を付くことにした。

「さっき、上から物が落ちてきて・・・」
「えっ・・・だ、大丈夫?」

思いのほか、彼女が心配している。
あまり、大袈裟にならなきゃいいが・・・。

「大丈夫、大丈夫!」
「血は?傷は?それから・・・」

今になって後悔する。
この手の嘘は控えた方が良かったかもしれない。

「ほんと、大丈夫だから・・・」
「だめよ!後から症状が出ることもあるし」

・・・やばい。
救急車でも呼ばれそうな勢いだ。

「ほんとうに大丈夫だよ!」
「だって当たったのは・・・」

散り行く“桜の花びら”だったからだ。

(No.906-2へ続く)

|

« [No.905-2]ぼっこ | トップページ | [No.906-2]春の衝撃 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.905-2]ぼっこ | トップページ | [No.906-2]春の衝撃 »