« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

ホタル通信 No.394

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.406 自分磨き
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

詳細は思い出せませんが、“何か”を狙った商業的な匂いがプン
プンしますね。

話の主軸である、自己研鑽の話は実話です。小説を書いた当時
もそうですが、今でもそれを続けています。本来であれば、相当
の知識が身に付いているはずですが、“続けている”だけで実力
は当時のままです。
そもそも、英語の勉強の仕方が分かっていません。でも、欲だけ
は一人前にあり、空回りを繰り返しながら今に至っています。

冒頭、“何かを狙っている”と書きましたが、何だか分かりますか?
その答えですが、自己研鑽から磨くという言葉につなげ、磨くから
メッキが剥がれる・・・といった所に行き着いたと思います。
つまり、“自己研鑽”と“メッキが剥がれる”の相性が良いことに気
付き、後者を格言のように書くことを狙ったわけです。
多分、自己研鑽を主軸に書き始めたとき、何となくゴールというか
オチが見えたんでしょうね。
それが分かると、“それに”なるように、“らしく”話を作り上げて行く
わけですから、狙った感が強く出てきます。

まぁ、無難な小説とは思いますが、心には響きませんね。自分で
言うのも何ですが。
T394
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.908-2]気まずい関係

No.908-2

「それって、“あるある”だよね」

以前からの友達に飽きたわけではない。
増してや嫌いになったわけでもない。

「ただ、なんて言うか・・・」

思春期は、日々価値観が変わると言っても良いくらいだ。
新しい環境はよりそれを刺激する。

「そうね、今までと違うタイプの人にも出会うから」

俗っぽく言えば、人の好みが変わる。
友人だけではなく、好きな男性のタイプだって・・・。

「あれから、10年か・・・」
「なに、ババ臭いこと言ってるのよ!?」

目の前の友人は、新しい友達の方だった。
趣味が同じで、仲良くなるまでに時間は掛からなかった。

「私とくっついて良かった?」
「良かったから、こうして今に至ってるんじゃない?」

高校や大学は別々だった。
でも、私たちは離れなかった。

「一生の友達が出来る時期だよね、中学生って」

くっついたり、離れたり・・・。
そうやって、人は成長を続ける。
S908
(No.908完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.908-1]気まずい関係

No.908-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
くっついたり、離れたり、5月はそんな季節だ。

「何の話?」
「ほら、あれよ・・・」

目の前に中学生らしい集団が居る。
制服もようやく板についてきたように見える。

「思い出さない?」

中学に入学した頃・・・
しばらくは以前からの友達と共に行動することが多かった。

「あぁ、そのことね」

そんなにすぐに友達ができるわけじゃない。
休み時間にもなると、皆が教室を行き来した。

「でも、今頃になると」

その光景はほとんど見掛けなくなる。
理由は簡単だ。

「新しい友達ね」

いつしか、教室を行き来することもなくなる。
気付けば、教室内に居ることが増えた。

「逆に以前の友達と疎遠になるんだよね」

今までが嘘のように疎遠になる。
疎遠どころか、廊下でバッタリ会うと、気まずいくらいだった。

(No.908-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.907-2]頭隠して・・・

No.907

「それって・・・」
「まさしく、頭隠して・・・なんとやら・・・でしょ?」

本人は隠れているつもりらしい。
でも、尻尾が丸見えだった。

「それがなんともおかしくて」

つい、かまいたくなってしまった。

「ちょっと、驚かしてやろうかな・・・と」

忍び足で、後ろからそっと近づいた。

「そしたら、ようやく私の存在に気付いて」

その時の驚きようは、今でも脳裏に焼きついている。
動画を撮っていなかったのが悔やまれる。

「あんたも悪ね~」
「そんなつもりはなかったんだけどね」

ただ、結果的にかなり驚かせてしまった。

「で、ネコは?」
「そりゃ、一目散に逃げ出して・・・」

近くの草むらに消えていった。

「でも、また、尻尾が見えてるんだもん!」

一本ネジが抜けているというか、ドジなのか・・・。

「まるで私みたいで、笑っちゃうよ」
S907
(No.907完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.907-1]頭隠して・・・

No.907-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「プッ!それでも隠れたつもり!?」

その間抜けな行動に、思わず声が出てしまった。

「朝からなんだか楽しそうじゃない?」
「だってぇ~」

朝のあの光景が頭から離れない。

「・・・もしかして、新しい彼でも出来た!?」
「えっ!?なんで知ってるのよ!」

出来たことではなく、“別れた”ことを。

「あらそう・・・」
「全く・・・もぉ・・・」

その落胆振りは、私のことを気遣ってのことだろうか。
いや、多分・・・違う。

「じゃあ、なに?」
「今日、会社に来る前に・・・」

一匹のネコが前方から歩いてきた。
時々見掛ける、茶色いネコだ。

「多少、顔なじみなので」

急に逃げ出すようなことない。
でも、相手は野良ネコだ。
それなりの警戒心は持っている。

「私を避けるように物陰に隠れたみたいなんだけど」

そこから、尻尾だけが見えていた。

(No.907-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.393

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.471 どかん
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

どかんは実在しており、それが無くなってしまったのも事実です。
ただ、シチュエーションはかなり異なります。

まず、どかんがあった場所は、学校の近くではなく、家の近くで
した。また、土手の下を貫通するかのような感じで、それが存在
していました。
尚、貫通していると表現したものの、出口がどこにあるのかは分
かりません。周囲の状況からすると出口はなく、先細りしながら
地中に消えてしまっているような感じでした。
従って、中は真っ暗で、さすがにわんぱくだった私でも躊躇する
ような状況でした。

学校を舞台にしたのは、物語の進行がスムースに行くと考えた
からです。冬のホタルは唐突に話が始まることが多いものの、
あまりにも“どかん”の存在は非日常すぎます。
そのため、唐突に登場してもさほど違和感がない、子供の頃の
想い出とすることにしました。

どかんがあった場所は、今は道路に変わり、その周辺も開発が
進み、昔とは一変しています。
あの真っ暗などかんの先はどうなっていたのでしょうか?今でも
謎のままです。
T393  
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.906-2]春の衝撃

No.906-2

「・・・花びら?」
「い、いや・・・その・・・ごめん」

エイプリフールとは言え、少し度が過ぎたようだ。
病気やケガは、嘘じゃ済ませられない。

「ごめん・・・エイプリフールにちなんで・・・」
「・・・本当に心配したのよ」

彼女の表情がみるみるうちに曇ってくる。

「心配かけて、本当にごめん!」
「本当に本当に・・・」

曇り空は、大雨に変わった。

「・・・でも、良かった・・・何事もなくて・・・」

あらためて彼女を好きになった。
ここまで僕のことを心配してくれるなんて・・・。

「花びらが頭に当たったので・・・それで」
「・・・もう、いいよ」

少しずつ、晴れ間が見え始めた。

「私、こんな嘘付く人、嫌い!・・・別れましょ?」
「・・・えっ!?嘘でしょ・・・」

急に雷が落ちてきた気分だ。

「そうよ、嘘よ」
S906
(No.906完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.906-1]春の衝撃

No.906-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(ちょっと、からかってみるか・・・)

「いてて・・・」
「どうしたの?!頭をおさえて・・・」

エイプリルフールにちなんで、軽い嘘を付くことにした。

「さっき、上から物が落ちてきて・・・」
「えっ・・・だ、大丈夫?」

思いのほか、彼女が心配している。
あまり、大袈裟にならなきゃいいが・・・。

「大丈夫、大丈夫!」
「血は?傷は?それから・・・」

今になって後悔する。
この手の嘘は控えた方が良かったかもしれない。

「ほんと、大丈夫だから・・・」
「だめよ!後から症状が出ることもあるし」

・・・やばい。
救急車でも呼ばれそうな勢いだ。

「ほんとうに大丈夫だよ!」
「だって当たったのは・・・」

散り行く“桜の花びら”だったからだ。

(No.906-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.905-2]ぼっこ

No.905-2

「仕方ないぁ・・・」
「聞き耳を立ててごらん」

彼が私を軽く引き寄せる。

「ほら、彼女たちの話・・・」

どうやら観光のために、ここを訪れているようだ。
冷静になってみれば、スーツケースだって持っている。

「・・・あっ!」
「だろ?」

彼が言った“言葉”の意味が分かった。

「道産子?」
「・・・多分な」

その言葉に混じって、ローカルな話題も出ていた。

「私も久しぶりに聞いたよ、その言葉・・・」

もう何年間も口に出したことがない。

「俺らも、こっちの言葉に染まっちゃったからな」
「・・・そうね」

忘れたつもりも忘れるつもりもなかった。
けど、結果的にそうなってしまった。

「二人でいる時くらいは、昔に戻らないか?」
「私も同じ考えよ」

そう言えば彼と知り合うきっかけもこの言葉だった。
S905
(No.905完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.905-1]ぼっこ

No.905-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「・・・なによ、さっきからニヤニヤしちゃって」

横目でチラチラしながら顔をニヤ付かせている。

「あっ・・・そうだっけ?」

軽く、とぼけているところが憎らしい。
まぁ、確かに私よりは、かわいい子たちだけど・・・。

「そんなに気になる?」
「まぁ・・・な」

今度は軽く開き直っている。

「随分、ハッキリ言うわね・・・」
「そりゃそうだろ?」

逆に、何が“そりゃそうだろ?”と聞きたくなる。

「久しぶりに聞いたよ、その言葉」
「えっ!?言葉・・・」

どうやら、私が何か勘違いしているようだ。
でも、そのニヤけ顔は一体・・・。

「彼女たちのこと、横目でチェックしてたよね?」
「あはは・・・それで機嫌が悪いの?」

彼が笑いながら答えてきた。

「もぉ!なによ!?」
「ごめん、ごめん、どんな人か気になってね」
「やっぱり、気になってるじゃない!?」

繰り返すけど、私よりは少しだけかわいい子たちだ。

(No.905-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.392

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.498 つなぐ
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

青臭い青春ドラマのようですが、実話度は高めです。このような
ことが実際に起こりました。

実際は、一走目と二走目の間でバトンパスが途絶え、三走目と
アンカーが立ちすくむ結果となりました。話の展開上、アンカー
のみ、走れなかったことにして、喪失感を演出してみました。
今でも鮮明に覚えています。帰りの電車は、ある意味、地獄で
したね。本来、結果が良くても悪くても盛り上がるはずの大会で
したが、こんな結末を迎えるとは誰も想像していませんでした。

確かに、いつでもその危険性はあったものの、練習することで
リスクを最小限に抑えてきたつもりでしたが、悪夢としか言いよ
うがありませんでした。
この話は他人の出来事を描いたものではなく、紛れも無く作者
の身に起こった出来事です。ちなみに私は、二走目だったので
バトンを貰い損ねた側でした。バトンを貰えず、受け渡しの範囲
を超えてしまった時・・・脳裏に焼き付いて離れません。

尚、マネージャーは居なかったので、この部分に関しては全て
創作です。
さて、突然ですが、ここで冬のホタルの秘密をひとつお話すると
登場人物の組み合わせで、「男と男」は一度もありません。必ず
「男と女」か「女と女」です。これが何を意味しているのか・・・。
T392
web拍手 by FC2

 

| | コメント (0)

[No.904-2]そこに山があるから

No.904-2

「中学生になったら」

通学路が変わり、山がある道を通らなくなった。

「そこから記憶が曖昧になってる」
「今、その場所は?」

その場所どころか、一帯が住宅街に変わった。
かろうじて、山があった場所だけは記憶に残っている。

「だから、いつ無くなったのかは不明」

今でも残っていたら、間違いなく立入禁止になるだろう。

「そりゃそうよ・・・ケガでもしたら大変な時代だもん!」
「まぁ、古きよき時代の話さ」

そんな歳でないけど、ふとそんなことを思い出した。

「登ってみたくなったわ」

彼女が目を輝かせている。

「そんな趣味あったっけ?」
「ううん、ヤンチャなだけよ」

何とも彼女らしいセリフだった。

「頂上から見る景色が、きれいでさ・・・」

絶景が見えるわけじゃない。
それなのに、そこに陣取り、遠くを眺めていた。
S904
(No.904完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.904-1]そこに山があるから

No.904-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
いつ無くなったのか、ハッキリとは覚えていない。
気付けば無くなっていた。

「やま?・・・マウンテンの?」
「そうだよ」

家の近くに、山があった。
とは言え、子供たちが名付けた通称に過ぎないが・・・。

「物心付いたら、そこにあったんだよね」

高さは、二階建ての家ほどだったと思う。
ただし、あくまでもの子供の感覚だ。

「何かの目的で土砂が盛られていたと思うけど」

でも、誰かが管理しているようには見えなかった。
立て札もフェンスも何もなかったからだ。

「出入り自由?」
「あぁ、全くのフリー状態」

そうなると子供たちの格好の遊び場になる。

「でも、危なくない?結構、高そうだけど・・・」

確かに今では考えられないかもしれない。

「ケガのひとつやふたつ、当たり前の時代だったからね」

それを肯定するわけじゃない。
でも、それが普通だった。

(No.904-2へ続く)

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »