« [No.903-1]鬼の形相 | トップページ | [No.904-1]そこに山があるから »

[No.903-2]鬼の形相

No.903-2

「つまり、出会い頭?」
「そう・・・」

寸前で、なんとか衝突は免れた。

「で、謝ろうとしたら・・・」

先に向こうから謝ってきた。

「これがお店の人だったら、私は一応“お客様”だから・・・」

謝られるのも分かる。
でも、配送の人にとって、私は直接的なお客様ではない。

「これだけでも、十分、驚いたのに」

店内をウロウロしていると今度は私が彼の進路を妨げてしまった。

「それなのに、向こうから先に“すみません”なんだもん」

社員教育が行き届いていると言えばそれまでだ。
でも、私にはそれ以上のものを感じた。

「・・・私もそう思う」
「これが、顔が穏やかな理由ね?」

そのお陰で、鬼の形相が消えたと思う。
今だにその余韻も残っている。

「素敵な人ね」

だからと言って、映画やドラマのような展開は期待していない。
もしかしたら“鬼の形相”にひるんでいただけかもしれないし。
S903
(No.903完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
web拍手 by FC2

|

« [No.903-1]鬼の形相 | トップページ | [No.904-1]そこに山があるから »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.903-1]鬼の形相 | トップページ | [No.904-1]そこに山があるから »