« ホタル通信 No.390 | トップページ | [No.901-2]父の仕事 »

[No.901-1]父の仕事

No.901-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「ねぇ・・・聞いていい?」
「えっ!?な、なんだよ・・・」

話の流れであることを思い出した。

「なによ、その慌てぶりは・・・」

(まぁ、こんな聞き方すれば男性ならあせるか)

「冗談よ、私の聞き方が悪かったわね」
「・・・脅かすなよ」

やましい気持ちがゼロではなさそうだけど、今回はスルーしよう。
これが目的ではない。

「父親の仕事知ってる?」
「・・・」

彼が考え込む。
そうなってしまうのも分からなくもない。

「聞いたことないな」
「先週ね・・・」

実家に立ち寄った時、母が一枚の絵を見せてくれた。
絵と言うより、殴り書きに近いレベルだったが。

「幼稚園の時に書いたらしいんだけど」

タイトルは“おとうさんのしごと”になっていた。
へたくそな文字ながらも、かろうじてそう読めた。

(No.901-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.390 | トップページ | [No.901-2]父の仕事 »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.901-1]父の仕事:

« ホタル通信 No.390 | トップページ | [No.901-2]父の仕事 »