« [No.902-2]明るくなってきたね | トップページ | [No.903-1]鬼の形相 »

ホタル通信 No.391

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.447 折れない心
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

当ブログの準レギュラーとも言って良い、家庭菜園の話です。
今年も種まきの時期がやってきましたね。

強風が吹いたある日の朝、1本だけ根本から折れていました。
小説に書いた通り、シャープペンの芯のような細さですから、
無理もありません。
小説では「今でも折れたまま」と、放置しているような書き方で
すが、実際は“あて木”をしています。あて木と言っても、元が
細いですから、爪楊枝をあて木の代わりにしました。
今にもちぎれそうな茎ですが、それでも成長を続ける姿に感動
すら覚えました。
ただ、感動すら覚えた経験なのに、これが最後まで育ったの
かはハッキリとは覚えていません。枯れてしまった記憶がない
ので、成長はしたと思うのですが・・・。

そんなこんなを自分と重ねてみました。
タイトルは“折れない心”にしていますが、小説のメッセージと
して「折れても構わない、支えてもらえばいい」です。
強い風に吹かれて折れてしまってもそれで終わりじゃない・・
当時の自分に言い聞かせたものです。
トマトの双葉に励まされるくらいですから、大した悩みではなか
ったのかもしれませんね。

今年はどんな話題を提供してくれるのやら・・・楽しみです。
T391

web拍手 by FC2

|

« [No.902-2]明るくなってきたね | トップページ | [No.903-1]鬼の形相 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.391:

« [No.902-2]明るくなってきたね | トップページ | [No.903-1]鬼の形相 »