« [No.895-1]消えた四千円 | トップページ | [No.896-1]グライコ »

[No.895-2]消えた四千円

No.895-2

しばらく無言のまま手を合わせる。
神妙な時間がしばし流れた。

「・・・これでよし!・・・と」

彼女の充実した顔が微笑ましい。
自分のことのように考えてくれる。

「ちゃんとお願いした?」
「あっ、も、もちろん!」

もちろん、お願いした。
なんせ、今回は四千円もつぎ込んだのだから。

「そう・・・それならいいけど」

ただ、願い事は前と同じだ。

「かなうといいな」

昇進がどうでもいいわけじゃない。
けど、彼女はそれ以上の存在だ。

「確認するけど・・・」
「私の幸せなんて、願ってないよね?」

「えっ・・・い、いやぁ・・・そ、それは・・・」

慌てふためく僕を見て、察したらしい。

「もぉ!うれしいけど・・・」
「もう一回、入れるわよ」

財布の中から、また二千円が消えた。
S895
(No.895完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.895-1]消えた四千円 | トップページ | [No.896-1]グライコ »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.895-2]消えた四千円:

« [No.895-1]消えた四千円 | トップページ | [No.896-1]グライコ »