« [No.894-1]雲の切れ間 | トップページ | ホタル通信 No.387 »

[No.894-2]雲の切れ間

No.894-2

「向こうで何かあった?」
「・・・だから、帰省したんでしょ?」

多分、そうだと思う。
他人事のような言い方になるが・・・。

「そうね・・・たぶん」

ただ、これと言った悩みや不安が見当たらない。
東京での生活も、そこそこ満喫できている。

「それが悩みなのかもしれないよ」
「・・・贅沢な悩み」

そうなのかもしれない。
なにもかも普通過ぎて、逆に充実感や達成感がない。

「思い切って、告白でもしてみたら?」
「好きな人くらいは居るんでしょ?」

確かに、居ないことはない。

「当たって砕けてみたら?」
「玉砕が前提!?」

けど、それもいいかもしれない。
もしかしたら、何かが変わる可能性がある。

「ほら・・・空だって」

雲の切れ間から、一筋の光が差し込んできた。

「“今がチャンス!”って言ってるみたいだよ」
S894
(No.894完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.894-1]雲の切れ間 | トップページ | ホタル通信 No.387 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.894-2]雲の切れ間:

« [No.894-1]雲の切れ間 | トップページ | ホタル通信 No.387 »