« [No.893-1]覚えている理由 | トップページ | [No.894-1]雲の切れ間 »

[No.893-2]覚えている理由

No.893-2

「ほら・・・食事や買い物とかしてたじゃん?」

二度目も三度目も最初の出会いから、かなり離れている。
場所も時間も。

「それなのにまた出会うなんて・・・」

これを運命の出会いと言わずして何と言うべきか。

「気持ちは分かるけど“出会って”はないよね?」
「単にすれ違っただけの話でしょ?」

そう言われると見も蓋もない。
確かに私が意識しているだけだ。

「でも、すごい偶然だとは思わない?」
「まぁ・・・それに関して言えばそうね」

二度ならぬ三度までとは・・・。
偶然にしては、かなりの確立だろう。

「こんな人ごみの中・・・だよ」
「それなら“四度目”があったら、声掛けてみなよ!」

友人がかなり無責任なことを言い放った。
けど・・・そうしたい気持ちがないわけではない。

「・・・向こうは覚えてるかな?」
「あなたが覚えてた理由と同じならね!」
S893
(No.893完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.893-1]覚えている理由 | トップページ | [No.894-1]雲の切れ間 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.893-2]覚えている理由:

« [No.893-1]覚えている理由 | トップページ | [No.894-1]雲の切れ間 »