« ホタル通信 No.386 | トップページ | [No.893-2]覚えている理由 »

[No.893-1]覚えている理由

No.893-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あっ!?」
「な、なによ急に!?」

驚きの余り、おもわず声がもれてしまった。

「なにかあった!?」
「・・・あのね」

3時間くらい前に、地下街である男性とすれ違った。
知人ではなく、全くの他人だ。

「まぁ、私好みのイケメンだったので・・・」

かなり印象として残った。

「あなたがそこまで言うなら、相当ね」
「・・・でね、さっき、またすれ違って」

今、3時間ほど前とは全く別の場所にいる。

「けど・・・そんなことなくない?」
「同じ人とすれ違うことって」

この話には続きがある。

「実は、さっきすれ違う前に・・・」
「えっ!?もしかして、さっきで三度目?」

察しが良い友人の言葉に、だまってうなづいた。

(No.893-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.386 | トップページ | [No.893-2]覚えている理由 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.893-1]覚えている理由:

« ホタル通信 No.386 | トップページ | [No.893-2]覚えている理由 »