« [No.892-1]ひとつと半分 | トップページ | ホタル通信 No.386 »

[No.892-2]ひとつと半分

No.892-2

「で、もう一個はどれにする?」

2個じゃ多い・・・でも、1個じゃ物足りない。

「そうだな・・・」

それは彼も同じらしい。
男性のわりには少食で、2個では多すぎるらしい。

「やっぱり、これかな?」

彼がパンを指差す。

「そうね・・・やっぱり、これね!」

それはクルミパンだった。
特にこの店はこのパンが美味しくて有名だ。

「大きさは?」
「この中くらいのでいいんじゃない?」

パンをトングでつかむ。
これで、パンは全部で3個になった。

「これなら半分にすれば丁度いいね」

それぞれ好きなパンをひとつ選ぶ。
そして、二人が好きなパンをひとつ選ぶ。

「これでいつもの、ひとつと半分ね」
S892
(No.892完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.892-1]ひとつと半分 | トップページ | ホタル通信 No.386 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.892-2]ひとつと半分:

« [No.892-1]ひとつと半分 | トップページ | ホタル通信 No.386 »