« [No.891-2]僕の順番~今年は~ | トップページ | [No.892-2]ひとつと半分 »

[No.892-1]ひとつと半分

No.892-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
彼と私では食の好みがかなり違う。

「どれにする?」
「私は・・・これ!」

チーズがたっぷり入っているパンを手に取った。
今にもこぼれ落ちそうなくらいとろけている。

「ほんと好きだよな?」
「俺は絶対無理!」

彼はチーズが嫌いだ。
それにチーズだけでなく、乳製品全般がダメらしい。

「そう?美味しいのに」

味だけではなく、匂いさえも受け付けない。

「俺のパンにくっつけるなよ!?」
「分かってるわよ、大袈裟ね!」

トレーには私と彼が選んだパンが仲良く並んでいる。
彼のパンはカレーパンだ。

「私に言わせれば、よくそんなクドイの食べられるね?」

私は揚げたパンが苦手だ。

「そう?美味しいのに」

さっきの私と同じセリフを返してきた。

(No.892-2へ続く)

|

« [No.891-2]僕の順番~今年は~ | トップページ | [No.892-2]ひとつと半分 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.892-1]ひとつと半分:

« [No.891-2]僕の順番~今年は~ | トップページ | [No.892-2]ひとつと半分 »