« [No.890-1]ガラクタ | トップページ | ホタル通信 No.385 »

[No.890-2]ガラクタ

No.890-2

「便利だろ?」

とは言え、作り自体はかなり雑だ。

「どうしたのこれ?」
「何でも幼稚園で作ったものなんだってさ、母親いわく」

先週、実家に帰った時に、渡されたらしい。

「他にも色々あったよ」

今までこれらの存在を知らなかったようだ。

「なんでも“終活”の一環なんだってさ」
「全く・・・縁起でもない」

確かに世の中は終活ブームとも言える。
知らず知らずのうちにそれに巻き込まれた感じだろう。

「けど良かったじゃん!」
「どこがだよ!?」

彼としては、お宝のひとつも期待していたらしい。
結局、出てきたのはそれとは程遠い物ばかりだった。

「まぁ、よく持ってたなと思うよ、こんなガラクタ」
「それが母親ってものよ」

将来渡そうと大切に持っていたに違いない。

「もう一度言うけどガラクタばかりだよ?」

そんな彼の表情は何ともうれしそうだった。
S890
(No.890完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.890-1]ガラクタ | トップページ | ホタル通信 No.385 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.890-2]ガラクタ:

« [No.890-1]ガラクタ | トップページ | ホタル通信 No.385 »