« [No.889-2]夢の余韻 | トップページ | [No.890-2]ガラクタ »

[No.890-1]ガラクタ

No.890-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「これ何だか分かる?」

彼が奇妙な物体を差し出してきた。

「・・・土器?」

それこそ、社会の教科書に出てきそうな物だ。
いかにも陶器と言わんばかりの色をしている。

「・・・なわけないだろ?」
「それもそうね」

手のひらサイズで、全体にゴツゴツした作りだ。
何かを入れる皿のようにも見える。

「・・・で、結局なに?」

長引きそうなので結論を急いだ。

「灰皿」
「・・・はいざら・・・って、たばこの?」

聞き返したものの、普通、灰皿と言えばそれしかない。

「見えない?」
「まぁ、そう言われて見れば見えなくもないけど・・・」

石鹸を乗せるのに丁度いい大きさと形だ。

「ここに・・・」

ゴツゴツした所に、たばこを置いてみせた。
意外と凝った作りになっている。

(No.890-2へ続く)

|

« [No.889-2]夢の余韻 | トップページ | [No.890-2]ガラクタ »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.890-1]ガラクタ:

« [No.889-2]夢の余韻 | トップページ | [No.890-2]ガラクタ »