« [No.894-2]雲の切れ間 | トップページ | [No.895-1]消えた四千円 »

ホタル通信 No.387

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.499 空き箱
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説を読み直していると、あることに気付きました。これと
似た小説が他にもあることを。

前回のホタル通信でも書きましたが、各小説は様々なリンク関
係があり、またひとつのエピソードを分割したり、別の角度から
書いたものもあります。
たかが、空き箱の話ですが、結構思い出と言うか、小学生の頃
箱が“無くて”苦労した経験があります。これが今でも記憶として
残っており、小説として蘇りました。
尚、もうひとつの小説は「No.750 叶えてあげる」です。この小説
もアプローチは違いますが、背景にあるものは同じです。

箱を用意するために家中を探す・・・挙句の果てには、中身が入
っているものを出して無理やり空き箱にする・・・小説の通りのこ
とを実際、していました。
でも、結果的に何も出来ないんですよね、構想だけ立派で結果
に結びつかないことは今も変わっていません、残念ながら。

今でも特に、石鹸の空き箱を捨てる時、すこし心によぎるものが
あります。もったいない・・・ではなく、どこか懐かしいような、ほろ
苦いような・・・。
T387

web拍手 by FC2

|

« [No.894-2]雲の切れ間 | トップページ | [No.895-1]消えた四千円 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.387:

« [No.894-2]雲の切れ間 | トップページ | [No.895-1]消えた四千円 »