« [No.892-2]ひとつと半分 | トップページ | [No.893-1]覚えている理由 »

ホタル通信 No.386

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.405 御堂筋線
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

本来は「せいじゅうろうシリーズ」として掲載する予定でしたが、思
いのほか、“そうじゃない”仕上がりになりました。

実はこの小説、数々の小説とリンクしています。例えば後半に出
てくる“近くのカフェ”は、「No.322 英国屋」です。ただ、No322では
彼女は回想の中で登場しています。さらに、No322の回想部分
を抜き出した小説も存在しています。
また、時間的に午後からのシーンで始まっていますが、実際は午
前中に会っており、午前中のエピソードもいくつか小説化していま
す。自分でもどの小説か探せないほどに。

実話度の通り、ほぼ事実です。そう言えば、“目的の場所”も小説
になっています。これは確か、せいじゅうろうシリーズの中にあった
と思いますが、数が多すぎて探すのが大変で・・・すみません。

小説の方針は今も昔も変わっていませんが、内容が年々薄くなっ
ています。当時の作品は一般受けしないけど、自己満足度が高い
濃い目の仕上がりが多かったと思います。苦しかったけど今では
良い思い出です。
S386

web拍手 by FC2

|

« [No.892-2]ひとつと半分 | トップページ | [No.893-1]覚えている理由 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.386:

« [No.892-2]ひとつと半分 | トップページ | [No.893-1]覚えている理由 »