« [No.890-2]ガラクタ | トップページ | [No.891-1]僕の順番~今年は~ »

ホタル通信 No.385

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.424 LINE POP
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

実話度はほぼ100%です。小説のようなことが実際に展開され
ました。それにしても懐かしい小説です。

さて、実話度100%のお決まりで、作者は僕か女子社員のどち
らであるかは秘密です。
一般的に男性が女性の電話番号を知ることはそれなりにハー
ドルがあると思います。それなのに、向こうが勝手にスマホに登
録してしまうのですから、何だか笑ってしまいます。
彼女が好意を持ってくれていたことは知っていました。小説に書
いてある通り、言わば先生と生徒という関係だったからです。
もちろん、お互い恋愛感情はありません。だからこそ、いい関係
を続けてこれました。

さて、その彼女のことを書いた小説がもうひとつあります。
「No.573 祝電」です。つまり、無事、結婚したわけです。実は新
郎も知っている人で、新入社員の時代からその人のことが好き
だったことも知っていました。
前述した通り、先生のような立場であったため、何度か相談され
ました。

タイトルのLINE POPですが、残念ながら昨年の12月にサービス
を終了しています。思い出深いゲームだっただけに残念です。
T385

web拍手 by FC2

|

« [No.890-2]ガラクタ | トップページ | [No.891-1]僕の順番~今年は~ »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.385:

« [No.890-2]ガラクタ | トップページ | [No.891-1]僕の順番~今年は~ »