« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

[No.895-2]消えた四千円

No.895-2

しばらく無言のまま手を合わせる。
神妙な時間がしばし流れた。

「・・・これでよし!・・・と」

彼女の充実した顔が微笑ましい。
自分のことのように考えてくれる。

「ちゃんとお願いした?」
「あっ、も、もちろん!」

もちろん、お願いした。
なんせ、今回は四千円もつぎ込んだのだから。

「そう・・・それならいいけど」

ただ、願い事は前と同じだ。

「かなうといいな」

昇進がどうでもいいわけじゃない。
けど、彼女はそれ以上の存在だ。

「確認するけど・・・」
「私の幸せなんて、願ってないよね?」

「えっ・・・い、いやぁ・・・そ、それは・・・」

慌てふためく僕を見て、察したらしい。

「もぉ!うれしいけど・・・」
「もう一回、入れるわよ」

財布の中から、また二千円が消えた。
S895
(No.895完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.895-1]消えた四千円

No.895-1     [No.756-1]出世の神様

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、早くぅ!」
「急いだって何も変わらないだろ?」

約二年ぶりにここに来た。

「こういうことは早いほうがいいの!」
「ほら、早く早く!」

前と同じように、僕の財布からお金を抜き取った。

「二千円!?」
「もちろん、私も出すわよ」

今回は額を二倍にした。

「少しは上乗せしておかないとね!」
「神様はお金じゃ動かないだろ?」

昇進試験に落ちたわけじゃない。
けど、色々と制限があり、一旦、その道が閉ざされていた。

「でも、これくらいは必要よ」

まさか、もう一度道が開かれるとは思っていなかった。
ある意味、お賽銭の効果だったのかもしれない。

「じゃ、入れるわね」

強引に見えても、僕以上に僕のことを心配している。
欲ではなく、純粋に僕を応援してくれている。

「あぁ、いいよ」

硬貨ではない分、いつもの軽快な音は聞こえなかった。

(No.895-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.387

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.499 空き箱
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説を読み直していると、あることに気付きました。これと
似た小説が他にもあることを。

前回のホタル通信でも書きましたが、各小説は様々なリンク関
係があり、またひとつのエピソードを分割したり、別の角度から
書いたものもあります。
たかが、空き箱の話ですが、結構思い出と言うか、小学生の頃
箱が“無くて”苦労した経験があります。これが今でも記憶として
残っており、小説として蘇りました。
尚、もうひとつの小説は「No.750 叶えてあげる」です。この小説
もアプローチは違いますが、背景にあるものは同じです。

箱を用意するために家中を探す・・・挙句の果てには、中身が入
っているものを出して無理やり空き箱にする・・・小説の通りのこ
とを実際、していました。
でも、結果的に何も出来ないんですよね、構想だけ立派で結果
に結びつかないことは今も変わっていません、残念ながら。

今でも特に、石鹸の空き箱を捨てる時、すこし心によぎるものが
あります。もったいない・・・ではなく、どこか懐かしいような、ほろ
苦いような・・・。
T387

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.894-2]雲の切れ間

No.894-2

「向こうで何かあった?」
「・・・だから、帰省したんでしょ?」

多分、そうだと思う。
他人事のような言い方になるが・・・。

「そうね・・・たぶん」

ただ、これと言った悩みや不安が見当たらない。
東京での生活も、そこそこ満喫できている。

「それが悩みなのかもしれないよ」
「・・・贅沢な悩み」

そうなのかもしれない。
なにもかも普通過ぎて、逆に充実感や達成感がない。

「思い切って、告白でもしてみたら?」
「好きな人くらいは居るんでしょ?」

確かに、居ないことはない。

「当たって砕けてみたら?」
「玉砕が前提!?」

けど、それもいいかもしれない。
もしかしたら、何かが変わる可能性がある。

「ほら・・・空だって」

雲の切れ間から、一筋の光が差し込んできた。

「“今がチャンス!”って言ってるみたいだよ」
S894
(No.894完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.894-1]雲の切れ間

No.894-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
天気と気持ちは同期しやすい。
けど、それは自分に対する言い訳だ。

「今日もどんよりしてるね・・・」
「いつものことでしょ?」

年末年始を北海道で過ごした。
帰省も兼ねて、古くからの友人を訪ねた。

「そうだっけ?」
「もぉ!すっかり、東京人なんだから」

年末年始の帰省は10年振りだ。
もちろん冬の北海道も。

「何だか気分も晴れないね」

特別、悩みごとがあるわけじゃない。
恋愛だって、悩みと言えば“相手がいない”くらいだ。

「天気に八つ当たり?」
「ち、違うわよ!」

でも、このどんよりした気持ちは、天気そのものだ。
加えて言えば、今にも泣き出しそうな空だ。

「でも、雨じゃなくて雪だけどね」

友人がチャチャを入れてくる。

「分かってるわよ!」

少しだけイラ付いている私が居る。

(No.894-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.893-2]覚えている理由

No.893-2

「ほら・・・食事や買い物とかしてたじゃん?」

二度目も三度目も最初の出会いから、かなり離れている。
場所も時間も。

「それなのにまた出会うなんて・・・」

これを運命の出会いと言わずして何と言うべきか。

「気持ちは分かるけど“出会って”はないよね?」
「単にすれ違っただけの話でしょ?」

そう言われると見も蓋もない。
確かに私が意識しているだけだ。

「でも、すごい偶然だとは思わない?」
「まぁ・・・それに関して言えばそうね」

二度ならぬ三度までとは・・・。
偶然にしては、かなりの確立だろう。

「こんな人ごみの中・・・だよ」
「それなら“四度目”があったら、声掛けてみなよ!」

友人がかなり無責任なことを言い放った。
けど・・・そうしたい気持ちがないわけではない。

「・・・向こうは覚えてるかな?」
「あなたが覚えてた理由と同じならね!」
S893
(No.893完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.893-1]覚えている理由

No.893-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あっ!?」
「な、なによ急に!?」

驚きの余り、おもわず声がもれてしまった。

「なにかあった!?」
「・・・あのね」

3時間くらい前に、地下街である男性とすれ違った。
知人ではなく、全くの他人だ。

「まぁ、私好みのイケメンだったので・・・」

かなり印象として残った。

「あなたがそこまで言うなら、相当ね」
「・・・でね、さっき、またすれ違って」

今、3時間ほど前とは全く別の場所にいる。

「けど・・・そんなことなくない?」
「同じ人とすれ違うことって」

この話には続きがある。

「実は、さっきすれ違う前に・・・」
「えっ!?もしかして、さっきで三度目?」

察しが良い友人の言葉に、だまってうなづいた。

(No.893-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.386

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.405 御堂筋線
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

本来は「せいじゅうろうシリーズ」として掲載する予定でしたが、思
いのほか、“そうじゃない”仕上がりになりました。

実はこの小説、数々の小説とリンクしています。例えば後半に出
てくる“近くのカフェ”は、「No.322 英国屋」です。ただ、No322では
彼女は回想の中で登場しています。さらに、No322の回想部分
を抜き出した小説も存在しています。
また、時間的に午後からのシーンで始まっていますが、実際は午
前中に会っており、午前中のエピソードもいくつか小説化していま
す。自分でもどの小説か探せないほどに。

実話度の通り、ほぼ事実です。そう言えば、“目的の場所”も小説
になっています。これは確か、せいじゅうろうシリーズの中にあった
と思いますが、数が多すぎて探すのが大変で・・・すみません。

小説の方針は今も昔も変わっていませんが、内容が年々薄くなっ
ています。当時の作品は一般受けしないけど、自己満足度が高い
濃い目の仕上がりが多かったと思います。苦しかったけど今では
良い思い出です。
S386

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.892-2]ひとつと半分

No.892-2

「で、もう一個はどれにする?」

2個じゃ多い・・・でも、1個じゃ物足りない。

「そうだな・・・」

それは彼も同じらしい。
男性のわりには少食で、2個では多すぎるらしい。

「やっぱり、これかな?」

彼がパンを指差す。

「そうね・・・やっぱり、これね!」

それはクルミパンだった。
特にこの店はこのパンが美味しくて有名だ。

「大きさは?」
「この中くらいのでいいんじゃない?」

パンをトングでつかむ。
これで、パンは全部で3個になった。

「これなら半分にすれば丁度いいね」

それぞれ好きなパンをひとつ選ぶ。
そして、二人が好きなパンをひとつ選ぶ。

「これでいつもの、ひとつと半分ね」
S892
(No.892完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.892-1]ひとつと半分

No.892-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
彼と私では食の好みがかなり違う。

「どれにする?」
「私は・・・これ!」

チーズがたっぷり入っているパンを手に取った。
今にもこぼれ落ちそうなくらいとろけている。

「ほんと好きだよな?」
「俺は絶対無理!」

彼はチーズが嫌いだ。
それにチーズだけでなく、乳製品全般がダメらしい。

「そう?美味しいのに」

味だけではなく、匂いさえも受け付けない。

「俺のパンにくっつけるなよ!?」
「分かってるわよ、大袈裟ね!」

トレーには私と彼が選んだパンが仲良く並んでいる。
彼のパンはカレーパンだ。

「私に言わせれば、よくそんなクドイの食べられるね?」

私は揚げたパンが苦手だ。

「そう?美味しいのに」

さっきの私と同じセリフを返してきた。

(No.892-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.891-2]僕の順番~今年は~

No.891-2

「とりあえず、返事をしておくか・・・」

こちらもスタンプをふたつ返すことにした。
もちろん、文字は書かない。
少なからず文字から伝わるものがあるからだ。

「同じが一番!」

足しもしなければ引きもしない。
それに何かを期待しているわけでもないからだ。

「・・・これでよし」

当たり障りのないスタンプを送った。

「まさか、年明けすぐとは・・・」

それにしても今回は予想外の展開だった。
嬉しくないと言えば嘘になる
けど、そう手放しには喜べない。

「とにかく・・・」

去年に引き続いてこうして一年が始まった。

「さてと・・・」
「・・・ん?」

誰かからLINEが届いたようだ。
そして本当の一年がここから始まった。
S891
(No.891完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.891-1]僕の順番~今年は~

No.891-1     [No.813-1]僕の順番

登場人物
男性=牽引役
-----------------------------
朝、寝ざめるとすでにLINEが届いていた。

「早っ!」

時間は00:30だった。
年が明けてすぐに送ってきたようだ。

「う~ん・・・」

去年は午前中の微妙な時間帯だった。
これが僕を大いに悩ませる原因となった。

「これはこれで・・・」

僕と彼女とは単なる同僚に過ぎない。
ただ、今は遠く離れた別々の部署にいる。

「気にされている?」

年明けすぐの“あけおめ”は、親しい間柄で交わされる。
少なくとも僕はそんな認識だ。
恋人だったり、親友だったり・・・。

「僕ってただの人・・・だよな?」

あらためて自分に言い聞かせる。

「それにしても、あいかわらずだよな」

年始のあいさつはスタンプがふたつ送られてきただけだ。
ただ、彼女は普段からこんな感じだ。

(No.891-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.385

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.424 LINE POP
実話度:★★★★★(100%)
語り手:女性

実話度はほぼ100%です。小説のようなことが実際に展開され
ました。それにしても懐かしい小説です。

さて、実話度100%のお決まりで、作者は僕か女子社員のどち
らであるかは秘密です。
一般的に男性が女性の電話番号を知ることはそれなりにハー
ドルがあると思います。それなのに、向こうが勝手にスマホに登
録してしまうのですから、何だか笑ってしまいます。
彼女が好意を持ってくれていたことは知っていました。小説に書
いてある通り、言わば先生と生徒という関係だったからです。
もちろん、お互い恋愛感情はありません。だからこそ、いい関係
を続けてこれました。

さて、その彼女のことを書いた小説がもうひとつあります。
「No.573 祝電」です。つまり、無事、結婚したわけです。実は新
郎も知っている人で、新入社員の時代からその人のことが好き
だったことも知っていました。
前述した通り、先生のような立場であったため、何度か相談され
ました。

タイトルのLINE POPですが、残念ながら昨年の12月にサービス
を終了しています。思い出深いゲームだっただけに残念です。
T385

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.890-2]ガラクタ

No.890-2

「便利だろ?」

とは言え、作り自体はかなり雑だ。

「どうしたのこれ?」
「何でも幼稚園で作ったものなんだってさ、母親いわく」

先週、実家に帰った時に、渡されたらしい。

「他にも色々あったよ」

今までこれらの存在を知らなかったようだ。

「なんでも“終活”の一環なんだってさ」
「全く・・・縁起でもない」

確かに世の中は終活ブームとも言える。
知らず知らずのうちにそれに巻き込まれた感じだろう。

「けど良かったじゃん!」
「どこがだよ!?」

彼としては、お宝のひとつも期待していたらしい。
結局、出てきたのはそれとは程遠い物ばかりだった。

「まぁ、よく持ってたなと思うよ、こんなガラクタ」
「それが母親ってものよ」

将来渡そうと大切に持っていたに違いない。

「もう一度言うけどガラクタばかりだよ?」

そんな彼の表情は何ともうれしそうだった。
S890
(No.890完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.890-1]ガラクタ

No.890-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「これ何だか分かる?」

彼が奇妙な物体を差し出してきた。

「・・・土器?」

それこそ、社会の教科書に出てきそうな物だ。
いかにも陶器と言わんばかりの色をしている。

「・・・なわけないだろ?」
「それもそうね」

手のひらサイズで、全体にゴツゴツした作りだ。
何かを入れる皿のようにも見える。

「・・・で、結局なに?」

長引きそうなので結論を急いだ。

「灰皿」
「・・・はいざら・・・って、たばこの?」

聞き返したものの、普通、灰皿と言えばそれしかない。

「見えない?」
「まぁ、そう言われて見れば見えなくもないけど・・・」

石鹸を乗せるのに丁度いい大きさと形だ。

「ここに・・・」

ゴツゴツした所に、たばこを置いてみせた。
意外と凝った作りになっている。

(No.890-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.889-2]夢の余韻

No.889-2

「何か恋愛に不安でも?」

察してか、彼女が冗談とも思えない表情で聞いてきた。

「それはないけど・・・」
「・・・ならいいんだけどね」

年の瀬を前に、自ら不安を演出してしまった。

「ごめん、変な話をして」
「それだけ、印象に残った夢だってことでしょ?」

あくまで夢は夢・・・そんな言い方だった。

「そういうことだね!」

自分に言い聞かせるように言い放った。
ある意味、はた迷惑な夢だった。

「ところで相手は誰だったの?」
「えっ!?」

なぜかしら、相手が誰であったかだけは覚えている。
彼女ではない・・・でも、言えない・・・。

「覚えてないなぁ・・・」
「そう・・・少なくとも私じゃなければいいけどね」

夢の余韻はせつないけれど、なぜか温かい。
S889
(No.889完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

[No.889-1]夢の余韻

No.889-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
せつない夢を見た。
恋愛関係の夢だった。

「へぇ~どんな?」
「それがさぁ・・・」

強烈に覚えているけど、思い出せない。

「・・・矛盾してない?」
「そうなんだよね」

本当に夢の内容を思い出せない。
ただ、せつなさだけが強烈に残っている。

「目覚めた瞬間は覚えてたんだけど」

けど、一気にせつなさが込み上げ、それを打ち消してしまった。

「だから、それだけが残ったのね?」
「まぁ、そんなとこ」

恋愛物の夢を見ることは少なくない。
でも、今回のような夢は初めてだった。

「・・・とは言うものの伝わらないよな」
「だね」

そもそもどうしてこんな夢を見たのだろう。
彼女を前に、若干、不安になった。

(No.889-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »