« ホタル通信 No.383 | トップページ | [No.887-2]水泳の時間 »

[No.887-1]水泳の時間

No.887-1

登場人物
virgo女性=牽引役  virgo女性=相手
-----------------------------
「水泳の時間は超・・・嫌だったな」
「・・・私も」

思わぬところで、意気投合した。
泳げない者同士のキズの舐め合いにも似ている。

「泳げないことよりも・・・」
「“なんでみんな泳げるの”でしょ?」
「そう!それそれ!」

根深い部分も同じみたいだった。

「親とかに教えてもらってたんだろうね」
「・・・多分ね」

当時、世にスイミングスクールがなかったわけじゃない。
だから断言は出来ないが。

「そう言えば、“見学組”は居なかった?」
「あぁー!いたいた!」

その子たちが、泳げないのかどうかは不明だ。

「あれは絶対、仮病よね!?」

時には見学どころか、学校を休む時さえあった。
よほど、水泳が嫌いなんだろう。

「私たちも見学すれば良かったね」

そうしなかったのは、褒めてもらいたいところだ。

(No.887-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.383 | トップページ | [No.887-2]水泳の時間 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67463685

この記事へのトラックバック一覧です: [No.887-1]水泳の時間:

« ホタル通信 No.383 | トップページ | [No.887-2]水泳の時間 »