« [No.886-1]不思議なエレベーター | トップページ | ホタル通信 No.383 »

[No.886-2]不思議なエレベーター

No.886-2

「うぅん・・・・」

友人がそうなるのも理解できる。

「断定は出来ないけど」

ボタンが押された雰囲気もない。
もし押したのなら、ランプが付いているはずだ。

「ただ、タイミング的に」

1階に到着したので、消えてしまった可能性もある。
それを私が見ていないだけかもしれない。

「そうに決まってるよ!」

出来れば私もそう思いたい。

「・・・何か変な現象とかは?」
「それは全くないよ」

何かを見たとか、気配を感じるとか・・・そんなことは全くない。
扉がタイミングよく開いたに過ぎない。

「別に嫌な気分にわるわけじゃないし」
「・・・ある意味、便利よ」

不思議な現象だけで、実害はなにもない。

「ただ・・振り返るとね」

私が仕事でクタクタになっている時にそんなことが起きる。

「そう言えば、お母さんも・・・」

私が帰宅すると、玄関の扉を開けてくれたっけ。
S886
(No.886完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.886-1]不思議なエレベーター | トップページ | ホタル通信 No.383 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67453112

この記事へのトラックバック一覧です: [No.886-2]不思議なエレベーター:

« [No.886-1]不思議なエレベーター | トップページ | ホタル通信 No.383 »