« [No.886-2]不思議なエレベーター | トップページ | [No.887-1]水泳の時間 »

ホタル通信 No.383

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.413 初恋の基準
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

特筆すべき、きっかけがない小説です。一般論的な内容を小説
にした感があります。

とは言え、多少、経験談にもとづいているというか、小学生の頃
のエピソードは全くの創作でもありません。今回、小説抜きで初
恋がいつだったのか、あらためてに振り返ってみました。結論か
ら言えば、小学2年生の時でした。
具体的に“好き”だと言う感覚を持ったのは3年生の時でしたが、
単なるクラスメートとは違う気持ちを持ち、その人のことを今でも
覚えているのは2年生の時の女子でした。

今振り返っても、初恋の基準は曖昧です。でも、あえて白黒を付
ける必要もありませんよね。
今回の小説は、その基準をめぐっておもしろおかしく仕上げたも
のです。いつも通り、登場人物に会話を預けて書き進めていまし
たが、何とかそれらしいオチが付いて終わることができました。
ちなみに、小5の失恋話は創作ですが、それに似た状況下にあ
ったことは事実です。

初恋の話は、小説ネタとして比較的扱いやすいほうです。
一方で、そんなにドロドロした濃い内容にならず物足りない側面
もありますが。
T383

web拍手 by FC2

|

« [No.886-2]不思議なエレベーター | トップページ | [No.887-1]水泳の時間 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67453187

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.383:

« [No.886-2]不思議なエレベーター | トップページ | [No.887-1]水泳の時間 »