« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

ホタル通信 No.384

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.412 昔のケータイ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

この小説は作者自身の経験と他人の経験を少しだけつまんで
作りました。従って、つぎはぎ風な仕上がりです。

まず、昔のケータイですが、今でもそれを持っています。実は
スマホに買い換える直前のケータイは捨ててしまいました。
ですから、今でも持っているのはふたつ前のケータイで、小説
上は、2世代前としています。
では、なぜ、古い方のケータイを持っているのでしょうか?その
答えは単純明快です。彼との思い出が詰まっているからです。
もうひとつ言える事は、その次のケータイは捨ててしまったわけ
ですから、それには思い出は詰まっていないことになります。
早い話、直前のケータイを持っていた時期には、彼とは別れて
いました。

目覚まし時計代わりに使っていたのは、他人の話です。身近な
人にそんな人がいます。特に何か便利なわけではなく、昔から
ケータイを目覚まし時計代わりに使っていた習慣が、今でも残っ
ているそうです。
とは言え、目覚まし音が鳴るわけでもなく、バイブのブルブル音
と振動で目覚めているようです。

この小説は、このふたつの話をくっ付けて、それらしく構成しまし
た。今使っているスマホは・・・捨てられるのかな?
T384

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.888-2]クリスマスツリー

No.888-2

「随分と年季が入ったツリーだったな」

別に汚れているとか、壊れているとかではない。
いわゆる“年代モノ”の雰囲気が漂っていた。

「ただ、ツリーが飾られると」

ご馳走だとか、プレゼントだとか、そっちを意識し始める。
ツリーのスイッチと共に、僕もスイッチが入る。

「うまいこと言うわね」

ささやかながら、普段とは違う料理にありつけた。

「そうね・・・うちもそんな感じ」

見慣れているはずのツリーでも、今年は何だか感慨深い。

「二人で見てるからじゃない?」
「・・・かもな」

これからは、ずっと二人で見ることになる。

「・・・ごめん、突然だけど実家に電話してもいい?」
「もちろん!」

無性に実家に電話したくなった。
彼女も何かを悟ったようで、笑顔で応えてくれた。

「・・・もしもし・・・あ、俺・・・変わりない?」
「いや・・・別に・・・どうしてるかな?・・・って」
S888
(No.888完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.888-1]クリスマスツリー

No.888-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「わぁ~綺麗ね!」

この時期、街はクリスマスツリーで溢れかえっている。

「こっちなんか、ほら・・・」

飾り付けが一番と華やかだ。
まさしく王道と言えるツリーだろう。

「こっちも凄いよ!」

彼女が僕の手を引く。

「幻想的だね」
「・・・うん」

派手さはないが、ホワイトクリスマスにピッタリなツリーだ。
大人な落ち着きを感じる。

「・・・家にはあった?」
「あったよ、それほど大きくはないけど」

“それほど”が気にならなくもない。

「あなたは?」
「まぁ・・・とりあえずあったよ」

高さにすれば、1メートルもなかったと思う。
それが大きいのか小さいのかは判断できない。

「毎年、時期になると・・・」

押入れの奥から、それが入った箱を取り出す。
それから、おもむろに飾り付けを施して行く。

(No.888-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.887-2]水泳の時間

No.887-2

「・・・それにしても、地獄だったわね」
「うん・・・言えてる」

泳げない者にとっては、これほど嫌な時間はない。
単に恥ずかしいだけじゃないからだ。

「何度か溺れかけたよ」
「私も」

もちろん、足が付くから大事には至らない。
けど、ジタバタしている時はそのことすら忘れている。

「大笑いされるし、苦しいし・・・」
「ほんと、トラウマになってる」

それもあってか、海やプールに泳ぎに行くことはない。
今でも泳げないのは変わらないからだ。

「泳げる子がうらやましかったな・・・」

だからと言って、親に助けを求めたりしなかった。
別に親が嫌いとか反抗とかしているわけじゃなかったのに。

「まぁ、子供心に何か感じてたのかもね」
「そうね・・・心配かけまいと」

結局、無様だった水泳の時間を気合でやり過ごした。

「お陰で、心の強さだけは“カナヅチ”級ね!」
S887
(No.887完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.887-1]水泳の時間

No.887-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「水泳の時間は超・・・嫌だったな」
「・・・私も」

思わぬところで、意気投合した。
泳げない者同士のキズの舐め合いにも似ている。

「泳げないことよりも・・・」
「“なんでみんな泳げるの”でしょ?」
「そう!それそれ!」

根深い部分も同じみたいだった。

「親とかに教えてもらってたんだろうね」
「・・・多分ね」

当時、世にスイミングスクールがなかったわけじゃない。
だから断言は出来ないが。

「そう言えば、“見学組”は居なかった?」
「あぁー!いたいた!」

その子たちが、泳げないのかどうかは不明だ。

「あれは絶対、仮病よね!?」

時には見学どころか、学校を休む時さえあった。
よほど、水泳が嫌いなんだろう。

「私たちも見学すれば良かったね」

そうしなかったのは、褒めてもらいたいところだ。

(No.887-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.383

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.413 初恋の基準
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

特筆すべき、きっかけがない小説です。一般論的な内容を小説
にした感があります。

とは言え、多少、経験談にもとづいているというか、小学生の頃
のエピソードは全くの創作でもありません。今回、小説抜きで初
恋がいつだったのか、あらためてに振り返ってみました。結論か
ら言えば、小学2年生の時でした。
具体的に“好き”だと言う感覚を持ったのは3年生の時でしたが、
単なるクラスメートとは違う気持ちを持ち、その人のことを今でも
覚えているのは2年生の時の女子でした。

今振り返っても、初恋の基準は曖昧です。でも、あえて白黒を付
ける必要もありませんよね。
今回の小説は、その基準をめぐっておもしろおかしく仕上げたも
のです。いつも通り、登場人物に会話を預けて書き進めていまし
たが、何とかそれらしいオチが付いて終わることができました。
ちなみに、小5の失恋話は創作ですが、それに似た状況下にあ
ったことは事実です。

初恋の話は、小説ネタとして比較的扱いやすいほうです。
一方で、そんなにドロドロした濃い内容にならず物足りない側面
もありますが。
T383

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.886-2]不思議なエレベーター

No.886-2

「うぅん・・・・」

友人がそうなるのも理解できる。

「断定は出来ないけど」

ボタンが押された雰囲気もない。
もし押したのなら、ランプが付いているはずだ。

「ただ、タイミング的に」

1階に到着したので、消えてしまった可能性もある。
それを私が見ていないだけかもしれない。

「そうに決まってるよ!」

出来れば私もそう思いたい。

「・・・何か変な現象とかは?」
「それは全くないよ」

何かを見たとか、気配を感じるとか・・・そんなことは全くない。
扉がタイミングよく開いたに過ぎない。

「別に嫌な気分にわるわけじゃないし」
「・・・ある意味、便利よ」

不思議な現象だけで、実害はなにもない。

「ただ・・振り返るとね」

私が仕事でクタクタになっている時にそんなことが起きる。

「そう言えば、お母さんも・・・」

私が帰宅すると、玄関の扉を開けてくれたっけ。
S886
(No.886完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.886-1]不思議なエレベーター

No.886-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・」

今年はこれで何回目だろうか?
相変わらず人影は見えない。

「・・・ちょっと、やめてよ」
「でも、事実なんだもん!」

こう何度も続くと、色々と考えたくもなる。

「誰かが呼んだんでしょ?」
「私も最初はそう思ってた」

エレベーターに向かうと、タイミングよく扉が開く。
まるで私を待っていたかのように。

「ポイントは“開く”ことなんだよね」

人が近づいたら自動で開く機能は付いていない。
それは普段使っていれば分かる。

「普通、呼ぶから開くじゃない?」
「まぁ・・・そうね」

だから、最初は誰かが呼んだものだと思っていた。

「で、呼んだのはいいけど」
「何かの事情でその場を離れてしまった・・・とか」

そう考えるのが妥当だ。

「けどね、一度も人が立ち去る所を見たことがなくて」

エレベーターはマンションの入り口のすぐそばにある。
決して人目に付き難い場所にあるわけじゃない。

(No.886-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.885-2]100円ライター

No.885-2

「まぁ、一種の“あるある”かもしれないね」
「そう言ってくれたら助かるよ」

そしていつも手元に残るのは100円ライターだ。

「それに・・・ほら、みてみなよ」
「残り少ないだろ?」

無くすどころか、毎回使い切っている。

「・・・ほんとだ」

言い方はおかしいが、大事に使っているわけじゃない。
どちらかと言えば扱いはかなり雑だ。

「でも無くならないんだよな・・・」
「そういうものじゃない?」

大事にするほど、無くしてしまう。
逆に、どうでもいいモノは無くならない。

「なんか、人生と言うか・・・」
「そうね、言いたいことは分かるよ」

たばこの話が別の話になってしまった。

「じゃぁ、私は“大事にされてた”のかしら?」

何ともイジワルな質問だ。
そっちがその気なら・・・。

「一度だけ、無くしたモノが見つかったことがあるよ」
「・・・たった今」
S885
(No.885完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.885-1]100円ライター

No.885-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・たばこ止めてないんだ?」

最近、何かと風当たりが強いのは理解している。
それに金銭的にも楽ではない。

「それなら、止めればいいのに」
「そう簡単に行かないよ」

同窓会に来てまで、元カノの小言を聞く羽目になった。
相変わらずの性格だ。

「私がプレゼントしたライターはどうしたの?」
「えっ!?あ、あれは・・・」

まず、覚えていることに驚いた。
とっくに忘れているものだと思った。

「そう、驚かないでよ」
「無くした?それとも・・・捨てた?」

後者の言葉が、やや強めだったのが気になる。

「ごめん、無くした・・・」

この場を逃れるための嘘ではない。
本当に無くした。

「そう・・・」
「で、でも君からもらったモノだけじゃなくて・・・」

なぜか、100円ライター以外のモノを無くしてしまう。
逆に言えば、100円ライターは無くさない。

「自分で買ったライターも・・・」

気付けば無くなっている。
置き忘れたのかどうかさえ分からない。

(No.885-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »