« [No.880-1]憎めない存在 | トップページ | ホタル通信 No.380 »

[No.880-2]憎めない存在

No.880-2

「なんで分かるの?」
「まぁ、女の勘ね!」

確かに年齢的にはそんな感じがする。

「声は覚えてる?」
「覚えてるけど、それ以上に・・・」

友達感覚のしゃべり方であれば、その子に間違いない。

「じゃ、呼んでみようか?」
「ちょ、ちょっと・・・」

時すでに遅く、その子にお冷のおかわりを頼む。
ほどなくして、それがテーブルに届いた。

「・・・多分、そうね」
「だな」

声を知らない彼女でさえ、そう断定できる。

「確かにフレンドリーね」
「けど、全然、嫌な感じがしないから不思議」

彼女も受け入れられるようだ。

「だろ?でも、分かる気がする」

本人を目の前にして、余計そんな気になった。

「憎めない人ね」
「あぁ、全く・・・」

そんな彼女もその一人だ。

「ん?何か言った?」
S880
(No.880完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.880-1]憎めない存在 | トップページ | ホタル通信 No.380 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67357714

この記事へのトラックバック一覧です: [No.880-2]憎めない存在:

« [No.880-1]憎めない存在 | トップページ | ホタル通信 No.380 »