« [No.880-2]憎めない存在 | トップページ | [No.881-1]そこにもここにも »

ホタル通信 No.380

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.492 変わっていなかったもの
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

結論から言えば、この小説はその女性を軽く、ディスっている
ことになります。

小説では、中学校が同じだったとなっていますが、実は幼稚園
から同じでした。ただ、小説にあるように特に親しいわけではな
く、どちらかと言えば親同士のつながりの方が大きかったように
思えます。
同じ町内会ではなかったのですが、それに似た何らかの繋がり
があり、親からその女性の話題をたまに聞かされていました。
今でもその女性の名前は覚えています。少し珍しい苗字なので
それも覚えている理由のひとつです。

ですから、その名簿を見た時、「あー!」となったわけです。もち
ろん、懐かしさもありますが、それ以上に卒業して・・・年も経過し
ているのに、苗字が変わっていなかったことに驚きました。
冒頭、軽くディスっていると書きましたが、あえて説明する必要も
ないと思います。

今は母校から手紙などが届くこともなくなり、親からもその女性
の話題を聞くこともなくなりました。
それはそれで、ちょっと寂しいような気がします。でも、ホームペ
ージを持っているので、そこから今の姿を知ることはできます。
T380

web拍手 by FC2

|

« [No.880-2]憎めない存在 | トップページ | [No.881-1]そこにもここにも »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67364292

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.380:

« [No.880-2]憎めない存在 | トップページ | [No.881-1]そこにもここにも »