« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

ホタル通信 No.382

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.403 時は流れる
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

何だかとってつけたような小説ですね。特にラストは、明らかに
狙っています。

話のきっかけは、小説の通り、お気に入りだったホームページ
とカフェではなく、パスタの店が姿を消したことです。カフェにし
たのは、この単語だけで雰囲気も伝わると考えたからです。
意外にショックだったのが、ホームページ・・・ある人のブログが
閉鎖したことでした。
予告があったわけではなかったので、ある日突然の出来事でし
た。特に親しい間柄ではなかったのですが、それでも交流はあ
りました。

話はそれますが、このブログを始めてから、来年で10年目に突
入しようとしています。その間、交流があったいくつかのブログの
更新が止まりました。
皆さんのブログを見るのもひとつのルーチンみたいなものでした
から、やはり寂しいものでした。

今回の話はそれを、わざとらしいほど強調して書いています。実
は転勤と重なったのも事実で、だからこそ、一種の転機のような
ものを感じていました。
冒頭に書いた“とってつけた”感のラストは、何でも恋愛に結び付
けようとする、当ブログの悪いクセですね。
T382

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.884-2]なげる

No.884-2

「もしかして、“なげる”ですか・・・」
「もしかしなくても、そうよ」

意味不明な方言ではない分、余計に混乱していた。
それ自体は、一般的な言葉だからだ。

「ほら、この前・・・」

ダンボール箱を彼女に捨てるようお願いしたことがあった。
その時・・・

「元気良く、“なげてきます!”って言ったじゃない?」
「ストレスでも溜まってるのかと思ったよ」

放り投げて、それでスッキリするのなら・・・と思ったくらいだ。

「す、すみません・・・全然気付かなくて」
「北海道弁?」

彼女が小さくうなづいた。

「ごめんね、指摘しちゃって」

彼女も営業の職に付く。
取引先に勘違いさせるわけにも行かない。

「本当に“投げられたら”大変ですよね」
「そういうこと」

標準語と方言を使い分けてこそ社会人だ。

「あの・・・」
「なに?」

彼女が恐る恐る質問してきた。

「先輩の・・・ってどういう意味でしょうか?」
S884
(No.884完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.884-1]なげる

No.884-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「これ、どうすればいい?」
「なげておいて頂ければ」

以前から、疑問に思っていた。
彼女には悪いが、ちょっと試させてもらった。

「どこに?」
「・・・そこのゴミ箱でいいですけど」

どうやら、ゴミ箱に入れればいいようだ。

「じゃ、捨てておくね」
「お願いします」

彼女は今年の新人だ。
長い研修期間を経て、うちの部署に配属されてきた。

「やっぱりね!」

思わず、口に出てしまった。
やはり、思っていた通りだった。

「えっ!?な、なにがですか・・・」

彼女がキョトンとした顔をする。

「ごめん、ごめん」
「前から疑問に思っててさぁ・・・」

彼女に事情を話した。

「さっきも、“なげる”って言ってたじゃない?」
「あっ・・・はい」

当の本人は何のことだか分かっていないだろう。
方言とはそんなものだ。

「通じないわよ、それ」

今度はハッとした顔をした。

(No.884-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.883-2]人待ち顔の猫

No.883-2

「もしかして、人待ちなのかな?」

ちゃっかり、エサにありつけているのかもしれない。
なにせ、学校の近くだ。

「誰かエサでもあげてるんじゃないのかな~」
「私もそう思うんだけど」

ただ、ひとつ引っ掛かることがある。
私の登校時間は結構遅い方だ。

「どういうこと?」
「だって、ほとんどの生徒は登校済でしょ?」

もし、私より前に登校する人がエサをあげているとしたら・・・
もう待つ必要はないはずだ。

「見事な推理ね」
「だから、私より遅い人・・・ってことね」

もちろん、学生じゃない可能性もある。
けど、あの時間、あの場所ならそう考えるのが妥当だ。

「そう思わない?」

あんな薄汚い猫にかかわるくらいだ。
よほど猫好きで遅刻寸前に教室飛び込んでくるやつだろう。

「どう私の推理は?」
「・・・あれ?・・・そう言えば・・・」
S883
(No.883完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.883-1]人待ち顔の猫

No.883-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(仲間でも待ってるのかな?)

気になりつつも、かまっている時間はない。

「知ってるよ」

学校の近くに、半年前から一匹の猫が棲みついている。
そいつには悪いが、かなり薄汚い。

「何かあったの?」
「ううん、逆に何もないんだけど・・・」

ここ数日、毎日のように顔を合わせるようになった。

「なんか、落ち着かないんだよね」
「あんたが?」
「そう!・・・って、違うわよ!」

一応、ノリツッコミで返した。
落ち着かないのはその猫の方だ。

「な~んだ」
「あのね・・・」

何かを待っているのだろうか?
私には、キョロキョロしているように見える。

「へぇ~そうなんだ」
「仲間でも待ってるのかな?」

とは言え、他の野良猫を見掛けたことがない。

(No.883-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.381

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.415 口癖
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:男性

ホタル通信を書く都合上、読み返してみましたが・・・意味が良
く分からない小説ですね、自分で言うのも変ですが。

小説の“きっかけ”となるものは存在しますが、それが何である
かは覚えていません。多分、タイトルの口癖がそのきっかけだ
とは思いますが・・・。
とは言え、苦労して書き上げた記憶はないので、当時はきっか
けをもとにスラスラ書けていたのでしょうね。ただ、スラスラと勢
いだけで書いていると、何も印象に残らない小説が出来上がる
ことがあります。

お互い、元カレと元カノの話を隠さずにしていたのは事実です。
ただ、小説上の私とその彼女は、正式なカップルではなく、少し
説明し難い関係でした。だからこそ、隠さずに言えたわけです。
この小説を要約すれば、今が幸せだからこそ、昔の彼や彼女
のことを思い出してしまうと言う、何とも上から目線の内容です。
ですから、未練があって思い出すのではなく、懐かしさからくる
ものです。

もっと違う形で作れば良かったのですが、基本的に作り直しは
しないので、作り始めると後は登場人物に展開を任しています。
T381

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.882-2]同じ生き物だから

No.882-2

「それでも何度も飛ばされそうになったわ」

それこそプランターごと持っていかれそうな勢いだった。

「けど、彼らの生命力も負けたもんじゃないのよ」

ネットのいたる所で、“ツル”が絡み付いている。
それが想像以上の力を発揮していた。

「“ツル”って、ゴーヤのだよね?」

友人が疑うのも無理はない。
私だって、驚いたくらいだ。

「特に、少し枯れ気味のツルなんてね・・・」

相当の力で引っ張っても切れない。
今回は、そのツルが活躍したと言っても良いだろう。

「恐るべし“ツル”よ」

言わば、何本もの手で、ネットにしがみついていた。
私だけじゃなく、彼ら自身の手で・・・。

「なんか、ちょっと感動しちゃった」
「・・・でもね」

強風の影響で、枯れるのが早まったのは間違いない。
痛々しい姿を今でも覚えている。

「だからさぁ・・・」

耐え抜いた彼らに、つい声を掛けてしまった。
見た目は違えど、人も植物も同じ生き物だ。
S882
(No.882完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.882-1]同じ生き物だから

No.882-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「よく耐えたねぇ~」

本格的に枯れ始めたゴーヤを前に、労をねぎらった。

「さすがにもう成長しないよ」

成長どころか、半分以上はすでに枯れている。

「だろうね、この寒さじゃ」
「でも、今年は暑かったから」

10月中旬ごろまで収穫できた。

「ところで台風は大丈夫だった?」
「大丈夫じゃなかったわよ!」

完全に台風をなめていた。
今まで強風にあおられたことは何度もある。
けど、今回のはケタが違った。

「対策はしたんだけどね」

残念ながら、それがほとんど意味をなさなかった。

「だからもう一度ひもで縛って」
「室内から抑えてた」

棒やネットをひもで縛り、それを室内に引き込む。
あとはそれを人力で抑える。

「・・・なんか修羅場ね」
「まさしく、そうだった・・・」

約2時間ほど、強風と戦った。

(No.882-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.881-2]そこにもここにも

No.881-2

「見てみなよ」

やはり視線はその女子に向けたまま、彼女に声を掛ける。
一瞬たりとも変顔を見逃したくないからだ。

「だから、そこまでしなくても・・・」

赤ちゃんどころか、僕まで笑いそうになる。
やはり、高校生と言えども・・・。

「母性でも刺激されたのかな~」
「どう思う?」

ここは同じ女性に聞くのが一番だ。

「何が?」
「何がって・・ほら、赤ちゃんを目の前にするとさぁ・・・」

そうこう話しているときも、変顔の勢いは止まらない。
周りからもクスクスと笑い声が出始めた。

「やっぱり、母性が・・・」

そう言いながら彼女に目を向けた。

「・・・なにやってんだよ!?」
「何って、見ての通り、変顔よ?」

僕には目もくれず、一心にどこかに変顔を送っている。
その先には、別の赤ちゃんがいた。
S881
(No.881完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.881-1]そこにもここにも

No.881-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
斜め前の席に高校生らしき女の子が座っている。
さっきから、こちらをチラチラ見ている。

「何だろうね」

視線はその女の子に向けたまま、彼女に問い掛けた。

「どうしたの?」
「さっきから、チラチラ見られてるんだよね」

ただ、目が合ったりすることはない。
視線の角度が違うというか・・・やや下向きだ。

「ん?」

今度は女の子が変顔をし始めた。
その瞬間、あることに気付いた。

「あっ・・・なるほどね」

僕と女子の間に、赤ちゃんが座っている。

「結構、全力でするよな」

変顔に合わせて、喜ぶ赤ちゃんの声が聞こえる。
すると、さらに変顔のレベルが上がる。

「プッ!・・・それはやりすぎだよ!」

ますます喜ぶ声が大きくなる。

(No.881-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.380

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.492 変わっていなかったもの
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

結論から言えば、この小説はその女性を軽く、ディスっている
ことになります。

小説では、中学校が同じだったとなっていますが、実は幼稚園
から同じでした。ただ、小説にあるように特に親しいわけではな
く、どちらかと言えば親同士のつながりの方が大きかったように
思えます。
同じ町内会ではなかったのですが、それに似た何らかの繋がり
があり、親からその女性の話題をたまに聞かされていました。
今でもその女性の名前は覚えています。少し珍しい苗字なので
それも覚えている理由のひとつです。

ですから、その名簿を見た時、「あー!」となったわけです。もち
ろん、懐かしさもありますが、それ以上に卒業して・・・年も経過し
ているのに、苗字が変わっていなかったことに驚きました。
冒頭、軽くディスっていると書きましたが、あえて説明する必要も
ないと思います。

今は母校から手紙などが届くこともなくなり、親からもその女性
の話題を聞くこともなくなりました。
それはそれで、ちょっと寂しいような気がします。でも、ホームペ
ージを持っているので、そこから今の姿を知ることはできます。
T380

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.880-2]憎めない存在

No.880-2

「なんで分かるの?」
「まぁ、女の勘ね!」

確かに年齢的にはそんな感じがする。

「声は覚えてる?」
「覚えてるけど、それ以上に・・・」

友達感覚のしゃべり方であれば、その子に間違いない。

「じゃ、呼んでみようか?」
「ちょ、ちょっと・・・」

時すでに遅く、その子にお冷のおかわりを頼む。
ほどなくして、それがテーブルに届いた。

「・・・多分、そうね」
「だな」

声を知らない彼女でさえ、そう断定できる。

「確かにフレンドリーね」
「けど、全然、嫌な感じがしないから不思議」

彼女も受け入れられるようだ。

「だろ?でも、分かる気がする」

本人を目の前にして、余計そんな気になった。

「憎めない人ね」
「あぁ、全く・・・」

そんな彼女もその一人だ。

「ん?何か言った?」
S880
(No.880完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.880-1]憎めない存在

No.880-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
一般的にはアウトかもしれない。
でも、なぜか気分を害さないから不思議だ。

「昨日、この店に予約を入れたんだけど・・・」
「・・・何かあった?」

ダメもとで予約してみた。
すると、前日にもかかわらず席が確保できた。

「席が空いてて驚いたんだけど」
「それ以上に驚くことがあって」

店の人には悪いが、いわゆる高級店ではない。
とは言え、極端にカジュアルでもない。

「なになに!?」

予約の電話には女の人が対応してくれた。

「その人の対応がさぁ・・・」

悪く言えば、馴れ馴れしい。
良く言えば、フレンドリーな言葉遣いだった。

「友達以上に友達と話しているみたいだったよ」

ただ、不思議と嫌な感じにならなかった。
むしろ、笑みがこぼれてしまうほどだった。

「なんか、ひょうひょうと対応するんだよね」
「いるよね、そんな人」

客によっては激怒されるかもしれない。
そんな危険性はあるだろう。

「多分、あの子じゃない?」

彼女がひとりの店員を、こっそりと指差した。

(No.880-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.879-2]世界の終わり

No.879-2

「・・続きでしょ?」
「あっ、うん・・・」

たかが夢の話だ、遠慮する必要はない。

「それが不思議と誰も死なない」
「地上がメチャクチャになっても」

それは私も同じだ。
なぜか、生き延びている。

「まぁ、夢だから“何でも有り”だよね?」

突拍子もないことや、理屈では説明できないことが起きる。
それが夢だ。

「それを聞いてちょっと安心した」
「だって、私も無関係じゃないわけだし」

大袈裟だが、確かにそう言えなくもない。

「そうね、同じ地球人として」

逃げ惑う人々の中に、友人も含まれているのだろう。
姿は見えなくとも。

「でも、どんな意味があるんだろうね?」
「・・・そうね」

夢占いでどうでているのか、気にはなる。
でも、夢が夢だけに調べる気になれない。

「でも、殺される夢を見たことがあるけど」
「なぜか死なないんだよね」

経験がないことは、夢でも経験できない。
つまり、死んだ経験がないから、夢でも死なない。
そんなことを聞いたことがある。

「だから、地球は滅びないし」
「私たちも死なない!」
S879
(No.879完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.879-1]世界の終わり

No.879-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
少なくとも年に一回、ある夢を見る。
それを昨日見た。

「どんな夢?」
「一言で言えば、世界の終わり」

毎回、シチュエーションもよく似ている。

「そこまで好きなんだ!」
「・・・ん?・・・そ、そっちじゃない!!」

友人の反応に一瞬、考え込んでしまった。
メジャーなバンドのことじゃない。

「な~んだ・・・えっ!世界の終わり?」

今度は友人が、時間差で驚いている。

「そう!世界の終わり・・・」

突然、空が分厚い雲に覆われる。
そして、絵に描いたような渦を巻き始める。

「うわぁ・・・」

しばらくすると、真っ赤に燃えた無数の隕石が地上に降り注ぐ。
そして逃げ惑う人々・・・。

「決まって、このパターンで夢が始まるんだよね」

目が覚めても鮮明に覚えている。

「恐ろしい夢ね」

逃げ惑う人々の中に、当然、私も含まれている。

「あのさぁ・・・不謹慎だけど」

友人が聞きたいことは分かっている。

(No.879-2へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »