« [No.878-1]以心伝心? | トップページ | ホタル通信 No.379 »

[No.878-2]以心伝心?

No.878-2

「でも、良い経験になったのは間違いない」
「だね!」

あれからもう、5年の月日が流れた。

「で、話を戻すけどこの報告書は?」
「あぁ・・・そうね、読んでみて」

同僚が文字を目で追い始めた。

「・・・これ」
「暑苦しくない?」

当時、思いのたけを報告書に託した。

「そうね、自分でもそう思う」

一言で言えば、学生に毛が生えた程度の未熟な内容だ。
でも、会社に染まっていない分、思いだけは“熱い”。

「なるほどね」
「・・・そういうこと!」

以心伝心とは、まさしくこのことだ。
さすが同期だ。

「これ読んでたら、今の自分が恥ずかしくなっちゃって」

仕事に不満はない。
けど、これを見たとき、考えさせられるものがあった。

「色んな意味で臆病になってるのかもね」

失敗を恐れ、チャレンジしようとしない。

「じゃぁ、今度、一席設けるわ!」
「えっ!?そっち・・・・」
S878
(No.878完)
読み
終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.878-1]以心伝心? | トップページ | ホタル通信 No.379 »

(036)小説No.876~900」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67299129

この記事へのトラックバック一覧です: [No.878-2]以心伝心?:

« [No.878-1]以心伝心? | トップページ | ホタル通信 No.379 »