« [No.874-2]まわりくどい話 | トップページ | [No.875-1]「ふ」から始まる友達 »

ホタル通信 No.377

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.458 プチ家出
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

実話度が示す通り、書いてあることはほぼ事実です。明らかに
“家出”との意識を持って家を飛び出していました。

ただ、そのまま戻って来ないわけではなく、これもまた明らかに
戻ってこようという意識を持っていました。世間ではこれを家出
とは呼ばないと思いますが、自分の中では単なる外出とは違っ
ていました。
小説に書いてある通り、悔しさをおさめようとする行動が家出で
した。そこに身を置くことで母親に対して「してやったり!」という
無形の反抗をしていたのかもしれませんね。当時から少し短気
な一面があり、これも少なからず影響していると思います。

後半のお菓子を買う話も実話で、色々調べましたが、お菓子の
名前を探し当てることはできませんでした。
パッケージは筒状だったので「ジューC」、味や食感は「ハイレモ
ン」に近いことを記憶しています。それを最寄り駅の売店で買い、
電車に揺られてデパートを目指しました。ただ、所持金は電車賃
程度しか持っていなかったので、ウロウロしながら時間を潰して
から帰っていました。

ラスト付近は創作です。一言で言えば「家出がバレていた」という
ことですが、もしかしたら本当にバレていたのかもしれませんね。
T377

web拍手 by FC2

|

« [No.874-2]まわりくどい話 | トップページ | [No.875-1]「ふ」から始まる友達 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67257760

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.377:

« [No.874-2]まわりくどい話 | トップページ | [No.875-1]「ふ」から始まる友達 »