« [No.872-2]雨男の彼女だけに | トップページ | [No.873-1]曖昧な恋 »

ホタル通信 No.376

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.486 運動会と伝統
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

話のきっかけが、「運動会」なのか「おにぎり」なのか、はっきり
とは覚えていません。

近所に小学校があり、定番の音楽と共に運動会が実施されて
いたのは事実です。おそらく、きっかけは「運動会」だったと思
います。それに、運動会そのものの話題で話を展開して行こう
としていたようです、自分で言うのも変ですが。
ただ、話の流れで「競技中に、チラチラ見たりしなかった?」の
セリフが登場したことで、昼食を経由して「おにぎり」の話題に
行き付いた感があります。

実際、実家ではおにぎりと言えば「俵型」で、三角のおにぎりを
食べた記憶がありません。
今は逆に俵型を食べる機会が少ないため、運動会の思い出の
ひとつである昼食の話題が突如わいて出てきたようですね。
たかがおにぎりですが、自分の中では結構な存在感があります。
運動会をはじめとして、行楽の時には俵型のおにぎりが、そっと
寄り添っていました。
食としての思い出と言うより、母親の愛情をおにぎりを通じて間
接的に感じていたのでしょうね。

地域によっては、そろそろ運動会のシーズンです。ホタル通信と
共に、色々と思い出が蘇ってきそうな今日この頃です。
T376

web拍手 by FC2

|

« [No.872-2]雨男の彼女だけに | トップページ | [No.873-1]曖昧な恋 »

(115)通信No.376~400」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67233550

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.376:

« [No.872-2]雨男の彼女だけに | トップページ | [No.873-1]曖昧な恋 »