« [No.858-2]洗濯ばさみの謎 | トップページ | [No.859-1]影響 »

ホタル通信 No.369

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.420 買えない自転車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

事実となる出来事は小さいですが、思い出としてはかなり強く残
っていますので、実話度を少し高めにしています。

記憶にある限りでは、働きに出る前までに乗り換えた自転車は
3台です。最初の1台はもらい物か拾い物のどちらかだと思いま
す。それを塗り替えたのでしょうか・・・やけにペンキ感が強かっ
たことを今でも覚えています。
まだ、低学年ならいいのですが、高学年ともなると、その自転車
が恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。同級生はアニメのキャラクター
の自転車だったり、カラフルで女の子らしい自転車だったりして
いましたからね。

ある日、とうとうそれに耐えられなくなり、それこそ号泣しながら
新しい自転車をねだりました。すんなりとは買ってもらえません
でしたが、何とか新品の自転車を購入することができました。
当時、自転車がどの程度の金額であったのか分かりませんが
決して安い買い物ではなかったと思います。でも、子供ですから
そんなことはお構いなしです。

家が裕福じゃなかったから・・・と言うことではなく、生活を切り詰
めるべき所は切り詰める、ただそれだけだったと思います。大人
になってようやくそのことに気付きました。小説のラストもこれで
締め括りました。両親への感謝を込めて。
T369

web拍手 by FC2

|

« [No.858-2]洗濯ばさみの謎 | トップページ | [No.859-1]影響 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/67032165

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.369:

« [No.858-2]洗濯ばさみの謎 | トップページ | [No.859-1]影響 »