« [No.854-1]根はいい子 | トップページ | ホタル通信 No.367 »

[No.854-2]根はいい子

No.854-2

「落ち着いた?」

コクリ、と小さくうなづいて見せた。

「ごめんな、応戦しちゃって」
「ううん、私の方こそ・・・」

いつだって、彼はやさしい。

「僕だって、そんな時があるかもしれないし」

彼が私に寄せてくれた。

「本当にごめん・・・自分でも良く分からなくて」

女子特有のアレから来ているものでもない。
とにかく、ここ最近、いつも気持ちがモヤモヤしている。

「じゃぁ・・・遠出でもするか?」
「今週末は、ドライブ日和だし」

申し出はとても在り難いし、そうもしたい。
ただ・・・。

「・・・」
「大丈夫だよ」

私の気持ちを察してか、彼が声を掛けてくれた。

「音楽でも聞いていればいいよ・・・ボンヤリと」
「うん・・・ありがとう」

普通なら、愛想を尽かされても、おかしくはない状況だ。
自分の理不尽さを理解しているからだ。

「でも、どうしてこんなにやさしくしてくれるの?」
「根はいい子だと知ってるからさ」
S854
(No.854完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.854-1]根はいい子 | トップページ | ホタル通信 No.367 »

(035)小説No.851~875」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66933954

この記事へのトラックバック一覧です: [No.854-2]根はいい子:

« [No.854-1]根はいい子 | トップページ | ホタル通信 No.367 »