« [No.852-2]昔見た景色 | トップページ | [No.853-1]かわいさアピ-ル »

ホタル通信 No.366

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.371 誘われた夜
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

数ある小説の中でも、ひときわ艶っぽく、緊張感がある小説です。
次回のホタル通信では、続きに相当するNo.372を紹介します。

少し時系列を整理しておきます。前半に二つ@が入っていますが、
流れとして、今から1週間前に話を戻し、そしてまた今に戻ってくるよ
うな意味で入れています(詳しくは「お知らせ」の小説の楽しみ方を
ご参照ください)

さて、実話度はほぼ100%です。
駆け引きというほど大袈裟なものではありませんが、その時はか
なり緊張していたことを覚えています。
恋人でもないし、特別親しい友達でもない・・・同僚に毛が生えた程
度の関係でした。ただ、二人とも札幌から大阪へ転勤してきたこと
もあり、同郷のつながりは大きかったと思います。
札幌では同じ職場で働いていましたが、特別、親しいわけではなく
転勤を機に距離が縮まったのは間違いありません。

その彼女は今、どうしているのか・・・と言うと、今でも付き合いはあ
ります。濃くも薄くもなく、今でも度々、冬のホタルに登場してくれる
ひとりです。
今、彼女は札幌に戻っています。電話で話すことはないのですが
LINEでは繋がりがあり、ほぼ毎日、スタンプでやりとりしています。
99.9%は写真やスタンプで、文字を送ってくることはほとんどありま
せん。考えすぎかもしれませんが、もしかしたら・・・。
T366

web拍手 by FC2

|

« [No.852-2]昔見た景色 | トップページ | [No.853-1]かわいさアピ-ル »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66913259

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.366:

« [No.852-2]昔見た景色 | トップページ | [No.853-1]かわいさアピ-ル »