« [No.847-1]小さな庭 | トップページ | [No.848-1]小鳥のさえずり »

[No.847-2]小さな庭

No.847-2

「憧れるよな・・・」

目の前に、ファンタジー風の小さな庭が見える。
一見すると意味不明な物が、逆にそれらしさを演出する。

「不思議な空間ではあるわね」
「ある意味、僕の理想だな!」

何となくこんな感じが好きなのは知っていた。
芸術的なセンスが彼にはある。

「広々とした庭より・・・」
「狭いくらいがちょうどいいんでしょ?」

私もどちらかというと後者だ。
その点に関しては、彼と意見が合う。

「そう!それそれ!!」

良く言えば、お互い物に囲まれて生活したいタイプだ。
その方が妙に落ち着く。

「お楽しみのところ悪いけど・・・」
「そろそろ行かない?」

お腹がペコペコだ。
そもそも、目的地はここではない。

「ごめん、ごめん!けどさぁ・・・」
「来年は実際にこんな庭で暮らしてみないか?」

S847
(No.847完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.847-1]小さな庭 | トップページ | [No.848-1]小鳥のさえずり »

(034)小説No.826~850」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66815755

この記事へのトラックバック一覧です: [No.847-2]小さな庭:

« [No.847-1]小さな庭 | トップページ | [No.848-1]小鳥のさえずり »