« [No.846-2]即・既読 | トップページ | [No.847-1]小さな庭 »

ホタル通信 No.363

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.349 眼鏡で背伸び
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が高い割には、全体的にギクシャクしています。上手に
事実を小説化できていません。

事実だけで小説が成立する時もあれば、かなり脚色しなければ
ならない時もあります。経験上、前者の場合が多く、実話度が高
い小説は書き上げるのにそんなに苦労はしません。ただ、時より
小説化しにくい“事実”があり、ほぼそのまま再現すると何がなん
だかよく分からない小説が完成します。
今回の小説もこれに該当します。事実とは言え、そもそもインパ
クトが弱い題材を取り上げたため、ギクシャクしているというより
「どうでもいい」ような内容に仕上がってしまいました。

もちろん、当ブログは日常と言う、至って普通で、どうでもいいよ
うなネタを小説風にしています。ですから、その趣旨には沿って
はいますが、前述した通り、テーマが弱すぎました。
脚色すればよかったのですが、脚色するネタも余り思い付かず
こんな感じに仕上がってしまいました。テーマが弱い分、アチコ
チで、説明調の文章が見られます。

ほぼ実話なので、買い替えの目的も小説の通りです。少しでも
那央(なお)に良いところを見せようとして、アダルトな雰囲気が
漂う眼鏡を購入しました。
T368

web拍手 by FC2

|

« [No.846-2]即・既読 | トップページ | [No.847-1]小さな庭 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66805745

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.363:

« [No.846-2]即・既読 | トップページ | [No.847-1]小さな庭 »