« [No.840-1]濃い本 | トップページ | ホタル通信 No.360 »

[No.840-2]濃い本

No.840-2

「・・・ったく、いつもこんなんだよな」

彼女の返事は決まって、写真かスタンプだ。
ただ、嫌われているからではないと思う。
その証拠に、ほとんど彼女の方からLINEが来るからだ。

(そっちがその気なら・・・)

『濃い本をお願いします』

意地悪く、返事を返した。
最初の写真に、気になる本が数冊あったからだ。

「どれを選んで返してくるかな?」

僕の返信の意味が分からないわけではないだろう。
“濃い”に隠された意味が分かれば“あの本”を選ぶはずだ。

「さてさて・・・」

もう、返事が届いても良い時間だ。
でも、うってかわって、返事が届かない。

(・・・悩んでいるんだろうな)

こちらの思惑通りだった。
“あの本”を選ぶと、多少、波風が立つ可能性があるからだ。

「ん!?」

それとは全く関係がない、ビジネス書の写真が届いた。
タイトルがやたら長い本だった。

(逃げたな・・・)

あえて、あの本を避けたと考えて良いだろう。

『無難な本だね』

さっきよりも、さらに意地悪い返事かもしれない。
ただ、正直に言えば、少し“あの本”の話がしたかった。

「“不倫の教科書”って・・・彼女、らしいけどな」
S840
(No.840完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.840-1]濃い本 | トップページ | ホタル通信 No.360 »

(034)小説No.826~850」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66727723

この記事へのトラックバック一覧です: [No.840-2]濃い本:

« [No.840-1]濃い本 | トップページ | ホタル通信 No.360 »