« [No.840-2]濃い本 | トップページ | [No.841-1]夢の河 »

ホタル通信 No.360

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.337 うまくいかない
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

今も作者の年齢や性別は不明にしていますが、時々、あからさ
まに“仕事”の小説を書くことがあります。

作者を「学生」だと思っている人は居ないとは思いますが、ここ
まで仕事について踏み込んで書いた小説も珍しいと思います。
実話度は低めですが、概ね、私のポジションを描いた小説です。
どこにでもあるな話だけに、私の職場も例外ではありません。
でも、小説のきっかけは「現場と本社が常々衝突している」とい
うことではありません。

小説のきっかけは、後半の「仕事なんて上手く行かないのが日
常じゃない?」のセリフにあります。
これに似たセリフ、あるいは文字を見聞きしたことがあったから
でした。これが妙に記憶に残り、これを機に少し気持ちが楽にな
りました。
とは言え、そうそう失敗しているわけではないのですが、小説で
はそれを大げさに表現しています。

後半はお約束の恋愛話に結び付け、意味ありげなセリフと共に
ラストを迎えています。
ちなみに、最後の一行の意味分かりますか?そんなにひねった
ものではないので。
T360

web拍手 by FC2

|

« [No.840-2]濃い本 | トップページ | [No.841-1]夢の河 »

(114)通信No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66731149

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.360:

« [No.840-2]濃い本 | トップページ | [No.841-1]夢の河 »