« [No.801-1]近付けば近付くほど | トップページ | [No.802-1]僕らの鉄工所 »

[No.801-2]近付けば近付くほど

No.801-2

「ただね、皆とは壁を感じたな・・・」

会場に来ていたほとんどの人は地元に残っていた。
私のような“流出組”は数える程度だった。

「なんで?」
「だって、地元のこと・・・何も知らないんだもん・・・」

記憶は高校生で止まっていた。

「ほら、社会に出て、飲みに行ったり・・・」

そんなこんなで、地元についてもっと詳しくなる。

「・・・かもね」
「まぁ、会場に着く前に分かっていたことだけど」

それは普通電車に乗った時から始まっていた。

「電車?・・・どういう意味?」

同僚が不思議そうな顔をしている。

「だって、地元に近付けば近付くほど・・・」

知らない地名であふれていた。

「地元に残ってたら・・・と思うとね」

少し寂しい気がする。

「でも、“ここ”は詳しくなったでしょ!?」
「そ、そうね!」

同僚も流出組のひとりだ。
地元に拘らなくても、住み着いた土地を愛すればいい。
S801
(No.801完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.801-1]近付けば近付くほど | トップページ | [No.802-1]僕らの鉄工所 »

(033)小説No.801~825」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66036214

この記事へのトラックバック一覧です: [No.801-2]近付けば近付くほど:

« [No.801-1]近付けば近付くほど | トップページ | [No.802-1]僕らの鉄工所 »