« [No.800-2]僕のポジション | トップページ | [No.801-1]近付けば近付くほど »

ホタル通信 No.340

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.267 ゆれて湘南
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

好きだった人が、あるアイドルに似ていた話は事実です。その
アイドルが誰なのかは、言わずとも答えは書いてあります。

少しややこしい話になりますが、小説上の私(男性)は、そのア
イドルのことを知らなかったことになっていますが、小説の作者
である私(性別は秘密)は、知っています。
従って、この部分は脚色です。特別な理由があってそうしたわ
けではなく、単に“年齢的”なものです。これについて、アレコレ
書き過ぎると、作者の年齢がわかってしまうので、今回はこの
辺りでやめておきますね。

さて、小説の内容ですが、女性との間で会話こそありませんで
したが、書いてあること自体はほぼ事実です。
また、ラストはダウンロードを「したか、しなかったか」、小説では
結果を書いていませんが、実際はダウンロードをしています。つ
まり、相手の女性の言う通りです。

この小説は、“アイドルに似ている”ことよりも、ラストの“ダウン
ロード”がきっかけとして、小説が生まれたようなものです。
最初は全く意識していませんでしたが、顔だけではなく、声も似
ていることに気付きました。
それに気付いた時、何かが始まって、何かが終わった気がしま
した。
T340

web拍手 by FC2

|

« [No.800-2]僕のポジション | トップページ | [No.801-1]近付けば近付くほど »

(113)通信No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66027765

この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.340:

« [No.800-2]僕のポジション | トップページ | [No.801-1]近付けば近付くほど »