« [No.793-1]一本の糸 | トップページ | ホタル通信 No.336 »

[No.793-2]一本の糸

No.793-2

「多分、手紙だったと思う」
「・・・手紙?」

とは言え、本格的な手紙ではない。

「ほら、友達同士で回すアレよ」
「・・・あぁ、アレね!」

でも、ひとつ疑問が残る。
手紙だとしても、彼にどうやって渡していたのだろう。
郵送していないことは確かだ。

「私、ちょっと思い出したんだけど・・・」

友人が何やら話しはじめた。

「最初の1通は、何らかの方法で渡して」
「その後の約束は手紙に書いてあったと思う・・・」

私も思い出してきた。

「そう言えば、そうやって会う日を決めたかもしれない」

曜日や時間、場所さえも・・・。

「私もそうかもしれない」
「その時に、また手紙を渡して・・・」

そして、次の約束を確認する。
私達にとって手紙は、いつ切れるとも限らない一本の糸だった。
S793
(No.793完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.793-1]一本の糸 | トップページ | ホタル通信 No.336 »

(032)小説No.776~800」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65909813

この記事へのトラックバック一覧です: [No.793-2]一本の糸:

« [No.793-1]一本の糸 | トップページ | ホタル通信 No.336 »