« [No.792-1]思い出のブルーハワイ | トップページ | [No.793-1]一本の糸 »

[No.792-2]思い出のブルーハワイ

No.792-2

「でも休みが取れてよかったよね!」

ダメもとで上司に休暇を申請してみた。
それが意外にアッサリと、取得することができた。

「・・・絶対無理だと思ってた」
「だからなおさら、思い出に残ったのかもね」

ある意味、心置きなく休暇を楽しめた。

「また行きたいね」

“また”どころか何度でも行きたい。

「でも、しばらくは無理ね」
「・・・だね」

もちろん、ゴールデンウィークとかに行けないわけじゃない。
ただ、費用もかさむし、人も多過ぎるだろう。

「次、行ける日を夢見て、頑張るしかないね!」
「いつになるかわかんないけど」

きっと仕事の原動力になるだろう。

「もっと、違うものを原動力にすれば?」
「それもそうね」

ふたりして大笑いした。

「まぁ、今は雰囲気だけで我慢するわ」

軽快なウクレレの音楽と共に、ランチを楽しんだ。
S792
(No.792完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
 ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.792-1]思い出のブルーハワイ | トップページ | [No.793-1]一本の糸 »

(032)小説No.776~800」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/65905175

この記事へのトラックバック一覧です: [No.792-2]思い出のブルーハワイ:

« [No.792-1]思い出のブルーハワイ | トップページ | [No.793-1]一本の糸 »